さといもうね立て・マルチ・施薬

うね立て・マルチ・施薬のポイント

  • 種いも準備として健全な頂芽がある50g程度のものを10a当たり200〜300kg用意します。

うね立て・マルチ・施薬に最適な作業機

高うねマルチロータリRT-112(M6)

高うねマルチロータリRT-112(M6)

  • まっすぐなうねはもちろん、曲がったうねにも対応します。

主要諸元
型式
RT-112(M6)
メーカー
クボタ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2021年1月5日)

小うねマルチロータリRT-115(M1)

小うねマルチロータリRT-115(M1)

  • ロータリの振動を低減しました。

  • マルチ押さえ輪の長寿命化・マルチフィルム敷設性の向上の為、
    スポンジからゴム性へ変更しました。

  • 800m巻きフィルムに対応します。

主要諸元
型式
RT-115(M1)
メーカー
クボタ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2021年1月5日)

2軸マルチロータリRT-2D

2軸マルチロータリRT-2D

  • 中央部を攪拌しない方式で、堆肥・肥料がそのままの位置に保たれます。

  • 高うね、小うねの両方が作れます。

主要諸元
型式
RT-2D
メーカー
クボタ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2021年1月5日)

サイドマルチロータリRT-712

サイドマルチロータリRT-712

  • 爪軸中央部の爪がないため、うね中央部に耕うんされず、肥料や「石灰などが撹拌されないでそのままの位置で保たれます。

  • 軽量でトラクタとのバランスが良く、耐久性に優れています。

主要諸元
型式
RT-712
メーカー
クボタ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2021年1月5日)

2うねマルチロータリRT-212

2うねマルチロータリRT-212

  • うね形状はもちろん、うね間隔の調節ができます。

主要諸元
型式
RT-212
メーカー
クボタ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2021年1月5日)

薬剤散布機 THMシリーズ

薬剤散布機 THMシリーズ

  • うね立て、マルチと同時に殺菌剤、殺虫剤を 筋撒きで散布できます。

  • ロータリ前方への散布(畦内散布)と ロータリ後方への(表面散布)が可能です。

主要諸元
型式
THM-D-1、THM-D-2、THM-D-3、THM-D-1RT、THM-D-2RT、THM-D-3RT、THM-S-1、THM-S-2、THM-S-3、THM-S-1RT、THM-S-2RT、THM-S-3RT
メーカー
ジョーニシ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2020年10月9日)

ハッスル 高うねロータリFRB4-EL

ハッスル 高うねロータリFRB4-EL

主要諸元
型式
FRB4-EL
メーカー
藤木農機製作所
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2021年1月5日)

薬剤散布機 THM-D-2TAF

薬剤散布機 THM-D-2TAF

  • 手元スイッチで散布の入/切ができます。

  • 軽量・コンパクトなのでスムーズに走行、旋回が行えます。

主要諸元
型式
THM-D-2TAF
メーカー
ジョーニシ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2020年7月30日)

うねたてマルチ”だい丸くん”STR3CTシリーズ

うねたてマルチ”だい丸くん”STR3CTシリーズ

  • 1畦整形マルチロータリーです。マルチフィルムの自動ブレーキ機能を有しているので、作業中の調整が少ないです。

  • 調整幅が広く、様々な作物に対応します。

  • 排水性の良い高い畝を作れるので、湿害対策に有効です。

  • 一行程でうね立てとマルチングができるため、時間短縮・低コスト化が図れます。

  • 施肥機などと組み合わせることで、より効率的な作業が行えます。

主要諸元
型式
STR3CTシリーズ
メーカー
ササオカ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2020年6月29日)

トラクターダブルロータリーTKW801シリーズ

トラクターダブルロータリーTKW801シリーズ

  • 両サイドにミッションケースを配置し、畝中心にミッションが無いので置き芋作業に適しています。

主要諸元
型式
TKW801シリーズ
メーカー
ササオカ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2020年8月26日)

ページトップへ戻る