白ねぎ中間管理

中間管理のポイント

  • 葉鞘長が35cm程度になったら、分岐部が隠れる程度に土揚げします。
    土揚げは3〜4回に分けて行いますが、土揚げ時期が早すぎると品質低下につながります。
    一度に多くの土揚げは禁物で、常に葉身の包合部(首)が地上に出るようにします。
    病害としては軟腐病、白絹病、秋から冬にかけて白色疫病、
    疫病、べと病、周年発生する黒斑病に注意します。
  • 虫害としては夏から秋にかけてネギアザミウマ、ネギコガ、
    ネギハモグリバエ、秋のヨトウムシ等に注意します。
    「みんなの農業広場」病害虫情報はこちら(外部サイトに移動します)

中間管理に最適な作業機

埋め戻し・土寄せ

ニューグランフォース(長ネギ仕様) + ロータリーカルチ

ニューグランフォース(長ネギ仕様) + ロータリーカルチ

  • 840mmのハイクリアランス。白ねぎの移植溝づくり、埋め戻し、 土揚げ作業が行えます。

  • 爪軸回転の正逆切替えが可能です。

主要諸元
型式
FT260MEP-NE
メーカー
クボタ
オプション
品名
メーカー
ロータリカルチ RMH-300K
松山
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2021年1月13日)

ねぎ管理機 + 埋め戻しロータ

ねぎ管理機 + 埋め戻しロータ

  • 植付け溝づくりから堀取りまで、これ一台でOK。

  • ロータリカバーの伸縮と角度調節で土揚げ位置を自由に設定できます。

主要諸元
型式
FTN800-Y、FTN800-S
メーカー
クボタ
オプション
品名
メーカー
埋め戻しロータ FTN
宮丸アタッチメント研究所
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2020年10月9日)

クボタトラクタ ブルスターエクストラ 超幅狭仕様 + 逆転ロータリ

クボタトラクタ ブルスターエクストラ 超幅狭仕様 + 逆転ロータリ

  • 狭いうね間で作物の根を傷めない、タイヤ外幅770mmを実現。

  • 今まで大変だった歩行による作業がラクに行えます。

  • 逆転ロータリは、除草と土揚げ作業が同時にできます。エンジン回転やカバーの高さ、PTO回転の設定により、土揚げの高さや量の調整が可能。

主要諸元
型式
JB13XNM(モンロー仕様)、JB13XN
メーカー
クボタ
オプション
品名
メーカー
逆転ロータリ UN6501X
関東農機
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2021年1月5日)

乗用管理機 + 正逆転3連カルチ DR-3UD

乗用管理機 + 正逆転3連カルチ DR-3UD

  • トレッドは1200㎜と1470㎜の仕様(W仕様)が選択可能。 最低地上高は770㎜を確保し、作物のうねをまたいでの作業が余裕を持って楽に行えます。

  • 噴霧量ポンプの吸水量は68L/分と大容量。ブーム水平制御を備え、2方向切替ノズルにより高精度な防除作業が行えます。

  • 後部にカルチを装着すれば、中耕・培土作業も行えます。

主要諸元
型式
KV2200W-BS、KV2200-BS、KV2200W、乗用管理機KV2200
メーカー
クボタ
オプション
品名
メーカー
正逆転3連カルチ DR-3UD
クボタ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2020年10月9日)

管理機 + RV転作ねぎ埋め戻しロータ70-100

管理機 + RV転作ねぎ埋め戻しロータ70-100

  • 爪を内向き・外向きに交互に配列し、土の移動を少なくしたため、ねぎ植付後の埋め戻し作業に適量な土を植付溝に戻します。

  • 土の量が少ない時は、外側の爪を左右入れ替えることで、埋め戻しに必要な土の量を増やすことができます。

主要諸元
型式
TA800N-SCJV、TA700N-SCJV
メーカー
クボタ
オプション
品名
メーカー
RV転作ねぎ埋め戻しロータ70-100
宮丸アタッチメント研究所
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2020年9月16日)

中耕・除草(1回目・2回目)

管理機 + RV転作ねぎ埋め戻しロータ70-100

管理機 + RV転作ねぎ埋め戻しロータ70-100

  • 土揚げ作業をする前に土をほぐすことにより、土をきれいに飛ばすことができます。同時に雑草を取ることもできます。

  • 埋め戻しから約1ヶ月が経過して、土が硬くなっているため、土をほぐして土揚げをやりやすくします。

主要諸元
型式
TA800N-SCJV、TA700N-SCJV
メーカー
クボタ
オプション
品名
メーカー
RV転作ねぎ埋め戻しロータ70-100
宮丸アタッチメント研究所
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2020年9月16日)

土揚げ(1回目・2回目)

管理機 + RV土寄せロータW

管理機 + RV土寄せロータW

  • 爪が長く、特殊な爪配列になっているので、条間が広くても土を株元まで飛ばして土を揚げることができます。

主要諸元
型式
TA800N-SCJV、TA700N-SCJV
メーカー
クボタ
オプション
品名
メーカー
RV土寄せロータW
宮丸アタッチメント研究所
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2020年9月16日)

中耕・除草(3回目)

管理機 + RV転作ねぎ埋め戻しロータ70-100

管理機 + RV転作ねぎ埋め戻しロータ70-100

  • 3回目の土揚げ作業で土を多めに揚げる必要があるので、RV双尾輪排土板DXの処理板を外し、やや深めに耕うんします。

  • 尾輪の上げ下げで、耕うんの深さを調整します。

主要諸元
型式
TA800N-SCJV、TA700N-SCJV
メーカー
クボタ
オプション
品名
メーカー
RV転作ねぎ埋め戻しロータ70-100
宮丸アタッチメント研究所
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2020年9月16日)

土寄せ(3回目)

管理機 + RVミニマックスロータ60

管理機 + RVミニマックスロータ60

  • ねぎの白い部分を約30cmにするためには、3回土を揚げる必要があります。ミニマックスロータ60なら、独特の爪形状と広いロータ幅で3回目もしっかりと土を揚げることができます。

  • 植付溝深さは10~15cm位がおすすめです。

主要諸元
型式
TA800N-SCJV、TA700N-SCJV
メーカー
クボタ
オプション
品名
メーカー
RVミニマックスロータ60
宮丸アタッチメント研究所
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2021年1月5日)

防除

乗用管理機

乗用管理機

  • トレッドは1200㎜と1470㎜の仕様(W仕様)が選択可能。 最低地上高は770㎜を確保し、作物のうねをまたいでの作業が余裕を持って楽に行えます。

  • 噴霧量ポンプの吸水量は68L/分と大容量。ブーム水平制御を備え、2方向切替ノズルにより高精度な防除作業が行えます。

  • 後部にカルチを装着すれば、中耕・培土作業も行えます。

主要諸元
型式
KV2200W-BS、KV2200-BS、KV2200W、KV2200
メーカー
クボタ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2021年3月3日)

乗用管理機(ブームタイプ)

乗用管理機(ブームタイプ)

  • 長く伸ばしたブームで効率よく、また乗用タイプなので、楽に作業を行うことができます。

  • クボタブランド以外にも丸山製作所や、やまびこの製品があります。

主要諸元
型式
乗用管理機(ブームタイプ)
メーカー
丸山製作所 やまびこ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2021年1月13日)

乗用管理機(トラクタ装着タイプ)

乗用管理機(トラクタ装着タイプ)

  • ブーム付属のノズルから薬剤を飛沫状に散布。
    効率よく、効果的な薬剤散布が行えます。

  • 丸山製作所や、やまびこの製品があります。

主要諸元
型式
乗用管理機(トラクタ装着タイプ)
メーカー
丸山製作所 やまびこ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2021年4月19日)

4ch自走ラジコン動噴

4ch自走ラジコン動噴

  • ラジコン操作で動噴クラッチのON⇔OFFができ、動噴を回さずにホースの送出・巻取が行えます。

  • 丸山製作所や、やまびこの製品があります。

主要諸元
型式
4ch自走ラジコン動噴
メーカー
丸山製作所 やまびこ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2021年2月16日)

背負動力噴霧機

背負動力噴霧機

  • 背負った時に作業者の背中にフィットするスイングタンクや、長時間の作業でも負担が少ない新タイプの背負いバンドを採用。

  • 大型静音マフラー搭載の新設計エンジン。新防振機構でさらに低振動を実現。

  • 丸山製作所、やまびこの製品があります。

主要諸元
型式
背負動力噴霧機
メーカー
丸山製作所 やまびこ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2021年2月16日)

中耕培土・除草・施肥

KV2200シリーズ+除草カルチ+サンソワー

KV2200シリーズ+除草カルチ+サンソワー

  • トレッドは1200㎜と1470㎜の仕様(W仕様)が選択可能。 最低地上高は770㎜を確保し、作物のうねをまたいでの作業が余裕を持って楽に行えます。

  • KV2200シリーズにキュウホー【除草カルチ】、ジョーニシ【サンソワー】を同時搭載できますので、複合作業が可能。
    省力化・軽労化が期待できます。

主要諸元
型式
KV2200
メーカー
クボタ
オプション
品名
メーカー
除草カルチ
キュウホー
サンソワー
ジョーニシ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2021年3月3日)

中耕培土

KV2200シリーズ+ 正逆転3連カルチ

KV2200シリーズ+ 正逆転3連カルチ

  • トレッドは1200㎜と1470㎜の仕様(W仕様)が選択可能。 最低地上高は770㎜を確保し、作物のうねをまたいでの作業が余裕を持って楽に行えます。

  • 専用の正逆転3連カルチを装着することで、中耕培土作業が行えます。

  • 正逆転3連カルチ【DR-3UD】はKV2200シリーズ専用機で、3連から2連へ変換することもでき、野菜作の中耕培土作業にも対応できます。

  • 正逆転3連カルチ【DR-3UD】は、作業幅600mm~800mm調整可能です。

主要諸元
型式
KV2200
メーカー
クボタ
オプション
品名
メーカー
DR-3UD
クボタ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2021年2月16日)

ページトップへ戻る