白ねぎ植付溝作り

植付溝作りのポイント

  • 溝切りは、後作業の土寄せ(土揚げ)の効率を考えて、条間90〜120cm程度が主流となっています。植付け溝深さは、10〜20cm程度の溝を切ります。
  • 溝の方向は夏の強い日光を避け、また、台風時の強風を防ぐため、南北の溝が良いと言われています。

植付溝作りに最適な作業機

ニューグランフォース(長ネギ仕様) + ロータリーカルチ

ニューグランフォース(長ネギ仕様) + ロータリーカルチ

  • 840mmのハイクリアランス。白ねぎの移植溝づくり、埋め戻し、 土揚げ作業が行えます。

  • 爪軸回転の正逆切替えが可能です。

主要諸元
型式
FT260MEP-NE
メーカー
クボタ
オプション
品名
メーカー
ロータリカルチ RMH-300K
松山
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2021年1月13日)

ねぎ管理機

ねぎ管理機

  • 植付け溝づくりから堀取りまで、これ一台でOK。

  • ロータリカバーの伸縮と角度調節で土揚げ位置を自由に設定できます。

主要諸元
型式
FTN800-Y、FTN800-S
メーカー
クボタ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2020年7月30日)

管理機 + RVミニマックスロータ30

管理機 + RVミニマックスロータ30

主要諸元
型式
TA800N-SCJV、TA700N-SCJV
メーカー
クボタ
オプション
品名
メーカー
RVミニマックスロータ30
宮丸アタッチメント研究所
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2020年9月16日)

ページトップへ戻る