レタスうね立て同時マルチ

うね立て同時マルチのポイント

  • レタスは湿害に弱いので、水田を利用する場合や排水が悪い圃場では高うねにします。その際、うねの中央にくぼみができないよう注意します。
    地温抑制効果のある白黒マルチやシルバーマルチを利用し、抽だいや分球を防ぎます。

うね立て同時マルチに最適な作業機

クボタ超砕土成形ロータリ

クボタ超砕土成形ロータリ

  • 稲作・麦作後の野菜移植床づくりを一工程で行えます。

  • 耕幅に対してうねを左右にオフセットできるので、うね間隔の“広い・狭い”の調節が簡単にできます。(シリンダキット[オプション]が必要)

  • マルチ装置、上面マルチキット(それぞれオプション)を装着すれば平高うね成形と同時にマルチおよび上面マルチが行えます。

主要諸元
型式
RT-416K、RT-417K
メーカー
クボタ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2021年9月10日)

平高うねマルチロータリRT-112(M4)

平高うねマルチロータリRT-112(M4)

  • うね天幅1200mmの対応でレタス4条植えが可能です。

主要諸元
型式
RT-112(M4)
メーカー
クボタ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2020年6月29日)

成形ロータリRT3501 + マルチキットRT350-M

成形ロータリRT3501 + マルチキットRT350-M

  • うね天幅、裾幅、うね高さが工具なしで簡単に調節可能。様々な作物に対応できます。

  • 広幅ゲージ輪の採用により、フラットな溝を形成。移植機の走行が容易に行えます。

  • ロータリに装着することで、耕うん(うね立て)と同時に播種を行うことができます。

  • 作物や体系に応じて、2条~8条までの間で播種上数が選べます。

主要諸元
型式
RT3501
メーカー
クボタ
オプション
品名
メーカー
マルチキットRT350-M
筑波工業
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2020年11月19日)

スーパーエイブル平高成形機 スーパーエイブル平高マルチ

スーパーエイブル平高成形機 スーパーエイブル平高マルチ

  • 専用ロータリの採用により全長が短く、また尾輪調節機構が独立しているため、圃場や作物条件に合わせた耕深の調節が楽に行えます。

  • 姿勢の調整はネジ方式で容易です。

  • うね上面板がスプリング加圧方式のため、うね天面がきれいに仕上がります。

  • 楽に、早く、綺麗なうねを作れます。

  • PHR173Mシリーズは、上面や側面の成形板にプラスチックを張り、綺麗なうね作りができます。

主要諸元
型式
PH-R173シリーズ、PH-R173Mシリーズ
メーカー
鋤柄農機
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2020年12月2日)

うねたてマルチ だい地くん+トラクタ用播種機

うねたてマルチ だい地くん+トラクタ用播種機

  • 粘土質・稲刈り後の水田での作業性を大幅に向上させます。

  • 稲株や土塊など、うね立てが困難な条件でも作業できるように、 整形部分に独自の技術を用いております。

  • 摩耗状態が分かるリブが付いた爪を装着しています。 うね立て爪は耕うん爪と違う減り方をしますので、 交換時期を把握することで良好な性能を維持できます。

  • 悪条件でもキレイな畝整形が可能です。

  • 播種機は、アグリテクノサーチのロール式播種機(クリーンシーダ)
    APS・APH・APW・AHTシリーズがあります。

主要諸元
型式
STR3CD、STR3CDM
メーカー
ササオカ
オプション
品名
メーカー
播種機
アグリテクノサーチ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2021年6月22日)

全面マルチ

全面マルチ

  • トラクターに乗ったまま、畝立て、マルチング、土かけの作業が一工程で完了するため作業効率が良い。

  • 土かけマルチ部が左右に、簡単にオフセットできる。

  • トラクタに従来より近づけることにより重量バランスを改善。

  • 畝成形器により隣接性能が向上し、斜面での成形性能 がアップ。

主要諸元
型式
ZM201PK、ZM201P
メーカー
松山
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2020年12月2日)

うねたてマルチ だい地くん タイプRF

うねたてマルチ だい地くん タイプRF

  • 粘土質・稲刈り後の水田での作業性を大幅に向上させています。

  • 稲株や土塊など、うね立てが困難な条件でも作業できるように、 整形部分に独自の技術を用いております。

  • 摩耗状態が分かるリブが付いた爪を装着しています。 うね立て爪は耕うん爪と違う減り方をしますので、 交換時期を把握することで良好な性能を維持できます。

  • 悪条件でもキレイな畝整形が可能です。

主要諸元
型式
STR3CDR、STR3CDRM
メーカー
ササオカ
※ 主要諸元・形態は改良のため予告なく変更することがあります。(最終更新日:2020年12月2日)

ページトップへ戻る