便利なお気に入り機能!

型式-

    お気に入りの商品一覧

    おかげさまでクボタは130周年!創業からの歴史をご紹介。

    農耕用エンジン、そして耕運機の開発

    クボタの創業は、1890(明治23)年。久保田権四郎が設立した「大出鋳物」が始まりです。
    当時、コレラなどの水系伝染病が社会問題化、その対策として水道整備が進められていました。
    水道用鋳鉄管の製造は高い技術が必要で、多くの企業が諦める中でも、久保田権四郎は「やれば出来る」の信念で研究を重ね、1897(明治30)年、国内初の水道用鋳鉄管の開発に成功しました。

    農耕用エンジン、そして耕運機の開発

    クボタの創業は、1890(明治23)年。久保田権四郎が設立した「大出鋳物」が始まりです。
    当時、コレラなどの水系伝染病が社会問題化、その対策として水道整備が進められていました。
    水道用鋳鉄管の製造は高い技術が必要で、多くの企業が諦める中でも、久保田権四郎は「やれば出来る」の信念で研究を重ね、1897(明治30)年、国内初の水道用鋳鉄管の開発に成功しました。

    農耕用エンジン、そして耕運機の開発

    クボタの創業は、1890(明治23)年。久保田権四郎が設立した「大出鋳物」が始まりです。
    当時、コレラなどの水系伝染病が社会問題化、その対策として水道整備が進められていました。
    水道用鋳鉄管の製造は高い技術が必要で、多くの企業が諦める中でも、久保田権四郎は「やれば出来る」の信念で研究を重ね、1897(明治30)年、国内初の水道用鋳鉄管の開発に成功しました。

    Section 01

    130周年アニバーサリーコーナー

    おかげさまでクボタは
    創業130周年を迎えました。
    これまでも。これからも。
    私たちクボタは、日本農業を、
    お客様を、全力でサポートします。
    お客様と共に、一歩先へ。

    クボタが描く農業の未来

    130周年の節目に、
    農業の未来を描くべく、
    クボタはコンセプトトラクタを
    発表しました。

    人工知能(AI)や電動化技術などが備わった完全無人の自動運転トラクタは、
    一人ひとりの生産者が描く「農業へのビジョンや意味」の実現を支える存在。
    クボタはこれからも、最先端技術を活用して開発を進め、持続的な農業を支えてまいります。

    Kubota Consept Tractor

    スマート農業スマート農業

    農業経営をもっとラクに、効率的に。
    クボタのスマート農機・システムをご紹介

    営農支援システム

    ほ場と機械と事務所をつないで、農業を見える化する。クボタの営農支援システムKSAS。

    スマート農機

    スマート農業はクボタ。農業の作業負荷の軽減と生産性の向上に、
    自動運転が可能なアグリロボシリーズをはじめ、スマート農機のラインアップを揃えています。

        130周年アニバーサリー機130周年アニバーサリー機

        130周年の感謝を込めた特別装備の
        アニバーサリーモデルをラインアップしました。

        アニバーサリーモデル