運転免許は?
作業機付きで走って良い?
トラクタの公道走行について
ご紹介します。




トラクタは道路運送車両法上、小型特殊自動車(一部大型特殊自動車)として規定されており、公道走行については、下表にあてはまる場合に、公道を走行することができます。

トラクタ単体 道路運送車両の技術基準(保安基準)の適合性を確保できる農耕トラクタは公道走行が可能です。
保安基準を満たしているかどうかは、取扱説明書をご確認ください。
作業機付きトラクタ
(直接装着するタイプの作業機)
保安基準を満たしたトラクタで、直装式の作業機付きで公道走行をするための、法令で規定された制限事項に対応した場合に、公道走行が可能です。
作業機付きトラクタ
(被けん引タイプの作業機)
保安基準を満たしたトラクタで、被けん式の作業機付きで公道走行をするための、法令で規定された制限事項に対応した場合に、公道走行が可能です。
※農耕作業に必要な物の運搬や、各種農耕作業を行うトレーラをけん引をする場合限定の規定です。

「重要」トラクタの公道走行にあたって必要な免許

直接タイプ 制限 トラクタに作業機を装着した状態の寸法が全幅1.7m以下、全高2.0m以下(安全キャブや安全フレームの高さ2.8m以下)、全長4.7m以下、かつ、最高速度が15km/h以下の場合 左記の寸法・運行速度の制限をひとつでも上回る場合
必要な運転免許証 小型特殊免許/普通免許 大型特殊免許(農耕用に限る、も含む)
被けん引タイプ 制限 トラクタの寸法が全幅1.7m以下、全高2.0m以下(安全キャブや安全フレームの高さ2.8m以下)、全長4.7m以下、かつ、最高速度が15㎞/h以下の場合 左記の寸法・運行速度の制限をひとつでも上回る場合
必要な運転免許証 小型特殊免許/普通免許 ・大型特殊免許(農耕用に限る、も含む)
・けん引免許(農耕車に限る、も含む)※1
※1・・けん引免許は車両総重量750kgを超える
トレーラをけん引する場合にのみ必要 トレーラをけん引する場合にのみ必要


作業機付きトラクタの公道走行に必要な対応については、一般社団法人日本農業機械工業会がまとめた以下をご覧ください。
●直装タイプの作業機付トラクタの公道走行ガイドブック
●被けん引タイプの作業機付トラクタの公道走行ガイドブック

ご参考:
農林水産省ホームページ → http://www.maff.go.jp/j/seisan/sien/sizai/s_kikaika/kodosoko.html#chokuso
農作業機を装着・けん引した農耕トラクタの公道走行ガイドブック



ページトップへ戻る