農作業安全トピックス


コンバイン~順調稼働と発火予防のために~

掃除は機体の発火を防ぎ、順調稼働につながります。

特に次の部位は、わら・泥の溜まり、燃料・オイルの付着などがないか日常点検しましょう。

高温部:エンジン、マフラ、DPF付近

回転部:ベルト・プーリ

バッテリ、配管経路付近


取扱説明書に記載の主要な掃除箇所(一例:DRシリーズ)

No 掃除箇所 No 掃除箇所
脱こく部内 カッタ部内
ベルトカバー内 ※
1番スクリュ上部左掃除口
1および2番横スクリュ下部掃除口
カッタ後部カバー内側 ※
こぎ室内
グレンタンク内 ※
脱こく前カバー内 ※ グレンタンク下部掃除口
1番縦および横スクリュ掃除口
2番処理胴およびツース(2番)掃除口
排気管カバーとSCRカバー内部、
SCRマフラ下部 ※
アンローダ縦スクリュ
およびタンク底スクリュ掃除口
アンローダ水平スクリュ
および接続ケース掃除口
シーブケース後部(3番出口)    

※は発火予防の効果が高い部位です。





警告

平たんな場所でエンジンを切り、キーを抜いてください。

機械の熱が冷めてから厚手の手袋で掃除してください。

鋭利な箇所に注意してください。



< DIONITHのメンテナンス機構のご紹介 >





2022.05.25更新



ページトップへ戻る