スマート農業
コーナー
SMART AGRICULTURE

ロボット技術やICTを活用して超省力・高品質生産を実現することを目指す「スマート農業」。スマート農業の実践を可能にするクボタのスマート農機と営農・サービス支援システムKSASをご紹介します。

クボタのスマート農業

クボタは、早くから自動運転を始めとするスマート農業の本格的な研究を開始。自動運転農機アグリロボシリーズをはじめとする自動運転農機に加え、営農・サービス支援システムKSASを2014年から提供するなど、利益の高い農業経営を可能にするソリューションを開発・提供しています。
2021年に策定された「みどりの食料システム戦略」では、農産物の生産から消費までの各段階において、生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現していく方針が示されています。持続可能な食料供給システムの実現に向け、クボタはこれからも様々なソリューションを提供していきます。

クボタの
スマート農業関連商品

スマート農業はクボタ。
農業の作業負荷の軽減と生産性の向上に、
自動運転が可能なアグリロボシリーズをはじめ、スマート農機のラインアップを揃えています。

自動運転(アグリロボ)

無人または有人での自動運転が可能なアグリロボシリーズ。作業時の細かな調整や走行を自動で行うことができ、熟練のオペレータ不足の解消に貢献します。

直進アシスト・直進キープ(GS)機能搭載機

直進時に自動でまっすぐ進むGS機能。田植えやうね立てなど気を遣う作業も、直進を機械に任せられるので、疲労軽減、作業効率の向上が期待できます。

オートステアリング機能搭載機(GF仕様)

直進とカーブの自動操舵に対応。基準線を設定すれば、ガイドラインに合わせて自動操舵を行うことができ、長時間作業時の疲労を軽減します。

ガイダンス・自動操舵システム

お持ちの農業機械に後付けできるガイダンスや自動操舵システム。耕うん、代かき、田植え、うね立て、マルチなど、様々な作業で活躍します。

可変施肥技術

コンバインの食味収量メッシュマップ機能やドローンのリモートセンシングで把握した情報を元に、田植機やドローンで可変施肥をすることで、生育のばらつきを減らし、食味・収量の向上を目指すことができる技術です。

水管理・草刈作業

夏場の暑い時期に時間と労力のかかる水管理と草刈作業。ICTを活用し、効率化を図れる商品をご紹介いたします。

農業用ドローン

防除や施肥に活躍する農業用ドローン。動噴を背負ったり、ホースを引っ張ったりする作業が無いので、身体への負担も少なく、作業時間も短縮することができます。

KSAS乾燥調製システム

収穫作業と乾燥調製作業をKSASでつなぐことで、収穫・乾燥の進捗管理をスムーズにしたり、乾燥機のトラブル時も迅速に対応できるようにしたりと、乾燥調製作業の見える化・効率化をかなえます。

施設園芸

クボタでは、施設園芸の効率化・高付加価値化をかなえる商品も開発・取り扱いしています。

クボタが提供する
営農支援システムKSAS

KSASではほ場管理や作付管理、農業機械の稼働情報などの確認を
クラウド上で簡単に行うことができます。
さらに農業機械 と連動することで、より精密な農業の実現にもつながります。
2024年に10周年を迎えたKSASは、
KSAS10周年コーナーで詳しくご覧いただけます。

KSAS10周年コーナーへKSAS10周年コーナーへ