自然の熱 太陽光を有効活用し暖房費を削減!

特長

  • 大量の熱を蓄えられる 潜熱蓄熱材
  • 吸熱と放熱に優れたカプセル
  • 簡単に取付可能

こんな方におすすめ

暖房設備を設置していない方
→ 昼間の太陽熱を有効利用し、夜間の冷え込みを防ぐ
  栽培期間を延ばす
暖房費を削減したい方
→ 暖房機の稼動時間を短縮
品質を向上させたい方
→ 農作物の嫌う 朝・夕の急激な温度変化を緩やかに

大量の熱を蓄えられる潜熱蓄熱材(PCM ※1

太陽熱を蓄熱することにより暖房費削減

エネバンクの潜熱蓄熱材※2は、物質の温度変化の顕熱だけでなく、物質の相変化(固体 ↔ 液体)に伴う潜熱を利用しています

※1 PCM=Phase Change Material
※2 潜熱蓄熱材とは冷熱・温熱を蓄えておける素材のことで、身近な例としては保冷剤に利用されています。

各種材料の蓄熱性能

※各数値は、15℃から25に昇温させた場合に蓄えられる熱量を示しています。
※エネバンクは、PCM-18(相変化温度が18℃タイプのもの)の場合を示しています。
※kJ(キロジュール)は熱量単位で1kJ=0.278W・hです。

昼間は温室内温度の昇温抑制効果

蓄熱と放熱のイメージ

画像を拡大

カプセル内部のイメージ

画像を拡大

月別 燃油使用量の推移

画像を拡大

吸熱と放熱に優れたカプセル

太陽熱を効果的に利用することを追求した、耐候性、耐衝撃性、伝熱性に優れたカプセルです。太陽熱を効率よく吸熱・蓄熱でき、温室内部に放熱できます。


  • 色:太陽熱吸収の良い黒色
  • 形状:表面に凹凸をつけ、
       太陽熱を効果的に蓄熱 ※特許取得済
  • 材質・ポリエチレン製

晴天の日は短時間で蓄熱し、曇天の日においても効果的に吸熱、蓄熱は夜間に放熱します。

曇天日におけるエネバンクの省エネルギー性

設置例

簡単に取付可能

エネバンクのカプセルは、温室内の側面、天井などに針金やフックを用いて吊り下げます。
連結取付も可能です。

画像を拡大

※ エネバンクは(株)ヤノ技研の登録商標です

※ 本ウェブページに掲載の商品の価格、外観、仕様は、予告なく変更となる場合があります。

当サイト内に掲載されている製品についてのご注意事項です。

  • 主要諸元 PDF
  • カタログ PDF
  •  

ページトップへ戻る