ロータリ

クボタ純正の高性能ロータリ

多様な作業に対応する標準タイプ

フラップカバー仕様(B・C仕様)

フラップカバーの取り付け角度を変えることで、浅起こしや深起こしでも高精度なオート耕うんが行えます。

  • フラップカバー付き。
  • 後2輪(B)仕様、キャスタ(C)仕様。
  • 耕幅1700mm、1800mm、1900mm、2000mm、2200mm、2400mm(C仕様のみ)

ミラクル反転爪(B・C仕様)

ワラや夾雑物などのすき込み性能に優れ、土中堆肥化の促進に貢献。播種や移植に適した整地が行えます。

シンプルで頑丈な一枚カバータイプ

一枚カバー仕様(LB・LC仕様)

フラップカバー無し、一体型のロータリカバー。フラップカバー式より短いので、あぜ際の残耕が少なくなります。

  • 後2輪(LB)仕様、キャスタ(LC)仕様。
  • 耕幅1800mm、1900mm、2000mm、2200mm、2400mm(LC仕様のみ)

強力スーパー反転爪(LB・LC仕様)

耐久性の高い、ひとクラス上のロータリ爪を採用。石の多いほ場でも爪の変形やボルトのゆるみが少なくなります。

全面マッドレスロータリ

土の付着を低減し、爪の回転抵抗(馬力のロス)を抑えます。前・後の車体重量バランスが安定するので、耕うん作業精度・作業効率も高まります。

鋳物製保護カバー

チェーンケース・サイドフレーム側の下部の保護カバーは強度の高い鋳物製です。

収納式コンパクトキャスタ(C・LC仕様)

倉庫内での移動に便利。作業中は後2輪ホルダーにセット。

スクレーパ付き後2輪(B・LB仕様)

土の付着を低減するスクレーパ付です。

作業機付きトラクタの公道走行について

農耕トラクタに関わる道路運送車両法の運用見直しにより、直装型の作業機については、条件を満たせば作業機付きで公道を走行することができるようになりました。緩和措置に関する情報、公道を走行するための対応方法等の詳細につきましては、クボタ製品WEBサイトの特設ページ(下記)に掲載しております。ご確認の上、正しく対応した状態で、公道を走行してください。

作業機付きトラクタの公道走行についての詳細はこちら

ページトップへ戻る

株式会社クボタ