ほ場や天候を選ばない。

土や草を踏み固めない。強湿田も力強く走破。

低接地圧で、土や草を踏み固めない。強湿田や雨上がりのほ場も力強く走破。さまざまなほ場条件や不安定な天候での作業の遅れ、飛び地や大区画ほ場での移動時間の短縮など、さまざまな課題をパワクロが解決します。

低踏圧・高い安定性

低接地圧

接地面の広いクローラは踏圧が低く、土や草を踏み固めません。大型の作業機を使用しても耕盤をつぶすことなく、作物にやさしい、草を傷めない作業ができます。

安定した作業性能

強湿田や、雨上がりでぬかるんだほ場も力強く走破。天候に関わらず作業をすすめることができます。

高いグリップ力

土を押し出したりほ場を荒らす心配がありません。牧草地でもスリップが少なく、草を傷めることなく作業できます。

パワクロサスペンション

4つの転輪が独立して上下に揺動。ほ場に張り付くように追従し、振動を吸収。クローラへの局所的な面圧も低減します。

選べるクローラ

クローラ クローラ、前輪の組み合わせと主な特長 クローラ幅
(mm)
トレッド
(輪距)
(mm)
用途
(あくまで目安です。作業内容に合わせてお選びください。)
湿田 水田 畑・酪農 畑管理 ローダ
作業
PC1 広幅クローラと標準前輪(9.5-24)の組み合わせ
●土に優しい低接地圧 ●大きなけん引力
●横滑りに強い●優れた直進性
450 1440 ×
PC2 広幅クローラと広幅ハイラグ前輪(320/60-26)の組み合わせ
●超湿田に強い●土に優しい低接地圧
●大きなけん引力●横滑りに強い●優れた直進性
×
PC3 広幅クローラと広幅ラジアル前輪(360/70R20)の組み合わせ
●前輪タイヤは耐久性に優れ、重たいローダ作業も対応
●大きなけん引力 ●横滑りに強い●優れた直進性
PC1N 細幅クローラと標準前輪(9.5-24)の組み合わせ
●細幅なので作物に優しく畑作管理に最適
●傾斜の畑でも安定した走行
280 1440
PC1NN 1320
PCAT 細幅クローラと標準前輪(9.5-24)の組み合わせ
●1320~1500mmの後輪トレット調整(3段階)で様々な畑作管理作業に対応●後クローラは油圧式トレッド調節
●細幅なので作物に優しく畑作管理に最適 ●傾斜の畑でも安定した走行
可変
1320

1500

ページトップへ戻る