無段変速(KVT仕様)

変速操作なしで発進から最高速度までスムーズに走行が可能。

無段変速(KVT仕様)

高効率な2段遊星式無段変速によって、変速操作なしで発進から最高速度までスムーズに走行が可能。ブレーキを踏むだけで走行停止ができ、ブレーキを離すと発進するので坂道発進もスムーズに行えます。乗用車のオートマチック感覚で運転できるので、作業精度の向上、取扱性の向上を実現。

走行速度表

ホイール(エンジン最高回転時)

画像を拡大

●タイヤがK2サイズのときの値です。
●上記速度の値は、トラクタ単体状態における基準値であり、作業機の装着状態やほ場条件により変化します。

パワクロ仕様(エンジン最高回転時)

画像を拡大

●上記速度の値は、トラクタ単体状態における基準値であり、作業機の装着状態やほ場条件により変化します。

ロングホイールベース仕様(KVT仕様)

MR1050(105馬力)はロングホイールベース仕様(2355mm)。
※MR800/MR900/MR1000は2250mm

有段変速(GST仕様)

有段変速(GST仕様)

2本の変速軸を有する構造で、動力切れのないスムーズな変速を実現。主変速8段(1速~8速)、副変速3段(クリープ、L、H)の24段変速で、主変速の8段は主クラッチ操作なしでの変速が可能。

ページトップへ戻る