作業効率を高めるエクステリア

効率的な作業を実現する無駄のないデザイン。

新デザイン

ボンネット前方を低くし、DPF、SCRマフラはボンネット内に収納することで死角の少ないデザインに。ボンネット前方に装着してあるマスコットで、センター進行方向を確認しやすくしています。

LED作業灯

ボンネット前方に4灯、ルーフ前・後に各2灯ずつ、合計8灯のLED作業灯を標準装備(オプションで、前方2灯と後方1灯の追加装備が可能)。
夜間での視認性を向上させ、安心して作業が行えます。また、キーオフした後でも一定時間フットライトと作業灯を点灯するように設定できるので、納屋等の暗所でも安心して行動できます。

フルオープンボンネット

メンテナンスしやすいワンピースフルオープンボンネット。素早くラクにオープンできます。

プロジェクションヘッドランプ

前方を明るく照らす、大型のヘッドランプを採用。夜間作業中の走行も 安心して行えます。

円弧運動ワイパー

視界を遮らない場所にワイパーの停止位置を設定。前方の見やすさが向上しました。

低速車マーク

夜間の後方安全に役立つ低速車マークを標準装備しています。

チューブレスラジアルタイヤ

パンクしても急激に空気がもれにくく、タイヤが破裂してハンドルが効かなくなる可能性も低いので、安心して作業ができます。

フットライト

夜間の作業時に足元を確認しながら、安心して昇降できます。
※ドアの締め忘れでの消し忘れを防止する為、3分で自動消灯する機能付き。

調整式昇降ステップ

うね幅や作物、トレッド等に合わせて約45mm内側に取付位置を変更できます。

キー付燃料タンクキャップ

キー付の燃料タンクキャップを標準装備。燃料の盗難やいたずらを抑制できるので安心です。

クイックボールホルダ

3点リンク用クイックボールホルダを車体後方に設置。最大3個まで収納できます。

緻密な自動制御

レクシアドライブ(自動変速)とスムーズシフト (GST仕様)

負荷によるエンジン回転数の変動、作業機昇降やアクセルペダルの踏み込み量などに応じて自動変速。<走行モード><作業モード>の2種類が選択でき、ラクに高精度な作業ができます。変速範囲は最大8段まで設定でき、上限段数と下限段数をそれぞれ任意に変更できます。

① 主変速段
② 自動変速モード
③ 自動変速範囲
※上限段数、下限段数の点滅で事前にシフト アップ・ダウンが把握できます。

走行モード(トレーラなど、けん引作業)アクセルワーク優先で、走行をスムーズにする。

トレーラなどのけん引走行時に、道路の起伏などに対して、適正なシフトアップ、ダウンを自動で行います。 発進時のエンストの心配が減り、坂道の上り・下りが安心してできます。
※設定した変速の範囲内。

作業モード(プラウ、サブソイラなど、けん引作業)速度優先で、作業をスムーズにする。

ほ場の起伏や土質の変化などによる負荷変動に対し、シフトアップ、ダウンを自動で行い、車速を維持。エンストの心配も少なく、能率的に作業できます。
※設定した変速の範囲内。

作業モード(ロールベーラなど、PTO作業)PTO回転を維持し、安定した作業ができる。

ほ場の起伏や刈取り抵抗などに対してシフトアップ、ダウンを自動で行い、PTO回転を一定に保ちます。作業が安定するので牧草(ロール)の詰まりや巻きムラが抑えられ、品質が安定します。
※設定した変速の範囲内。

自動変速の感度調整

状況に合わせて自動変速の感度を調整することができます。
※サブモニタ(オプション)装備時の設定画面。

高速走行時の変速ショックを低減する。

スムーズシフト

高速走行時の変速の油圧制御を変更し、走行時の変速ショックを低減。増減速がスムーズに行え、長距離走行も快適です。

クルーズ機能(KVT仕様)

ワンタッチ(主変速レバーの操作が不要)で簡単に希望の車速に切り替える事ができます。また、エコモードとパワーモードの2つのモードがあり、作業やお好みに合わせて切り替える事ができます。※設定車速は、AとBの2種類が設定できます。※PTO回転を一定に保とうとする「PTO回転優先モード」の設定も可能です。

2つのモード

①エコモード

車速は一定のまま負荷が小さい時にエンジン回転が自動で下がり、燃費が向上します。

②パワーモード

車速を一定に作業できます。負荷が大きい時にはエンジン回転が自動で上がります。

REXIAモンロー(傾斜地モンロー補正値記憶機能付)

トラクタの傾きに瞬時に反応。枕地耕うんでは速度を落とさず高精度に仕上げ、ハロー旋回時や畑地のうねくずしの仕上がりも良く、均平な耕盤づくりができます。

水平制御

車体の傾きをすばやく検知し、水平にするので枕地耕うん時も直進耕と同じ速度で、高精度な作業が能率よく行えます。

旋回補正

車速と前輪切れ角から遠心力を算出するので、代かきハローを降ろしたまま旋回してもきれいに、素早く仕上がります。

傾斜地モンロー

傾斜に合わせた作業機の角度制御で等高線作業がきれいにできます。作土層が一定になるので、作物の生育を揃えることができます。

傾斜地モンロー補正値記憶機能

傾斜地モンローのままキーオフしても設定した補正値が記憶されるのでエンジン始動時の再設定が不要です。

柔軟なフットワーク

クワトロ旋回

ハンドルを切るだけで4つの機能(①作業機を上げ<オートアップ>、②PTOの回転を止め<あんしんPTO>、③倍速ターンと④片ブレーキ<AD>を作動させる)が自動で働き、スムーズな旋回が出来ます。

AD倍速ターン

片ブレーキなしでの小旋回が可能となるので、隣接作業が効率よく行えます。また強弱の調整ができるので、作業に合わせた設定が可能です。

eアシスト旋回

ポンパ操作、バックアップ、オートアップによる作業機上昇であらかじめ設定したエンジン回転数に切り替わり、作業機下降で元の回転数に復帰します。※KVT仕様は車速も同様に設定ができます。

旋回2WD

4WDで作業中、ハンドルをきると自動的に2WDに変わり、ほ場の荒れを低減。防除、カルチなどの管理作業で、作物や枕地に優しく旋回できます。

オート4WD

車速20km/hを超えると2WDに。20km/hを下回ると4WDに自動的に切換え。不必要な4WD走行を省くことで経済的な走行ができます。

スリップ4WD(オプション)

GPSによる位置情報をもとにスリップ率を検出し、「2WD⇔4WD」の切換えを自動で行います。

旋回角度調整機能

AD、倍速、オートアップ、旋回2WDの作業に合わせて作動角度をユーザー自身で変更が可能に。オペレーターに合った作動角度で高能率の作業ができます。
※AD、倍速、オートアップ、旋回2WDは全て同じ角度で作動します。

ポンパレバー、ポンパスイッチ

ハンドル手元にポンパレバー、右側アームレストにポンパスイッチを装備しているので作業機昇降がカンタンにでき、作業中の旋回が効率的に行えます(V仕様、D仕様ではポンパレバーはオプションです)。

前輪デフロック

ボタンスイッチで手軽に「入・切」できる前輪デフロック。高負荷作業で直進性、けん引力が 向上します。

後輪デフロック

後輪はペダル操作でデフロックが可能。さらに直進性が高まります。

  • 1
  • 2

ページトップへ戻る