コントロール

パワーアシスト制御

負荷が大きくなっても、設定したエンジン回転を一定にキープ。収穫や薬剤散布などの中・低速作業でもムラのない安定した作業が行えます。必要な時にスイッチだけで自在に「入・切」できます。

レクシアドライブ

負荷によるエンジン回転変動・作業機昇降やアクセルペダルの踏込量などに応じ、あらかじめ設定した変速幅内で自動的にシフトアップ・ダウンする変速機構です。

エンジン回転メモリ

ボタンを押せば狙った回転数に切換えでき、作業がスムーズ。オペレータが交代しても同じ作業が可能。メモリ回転増減スイッチで回転数の変更ができます。

eアシスト旋回

ポンパ操作、バックアップ、オートアップによる作業機上昇でエンジン回転数がダウン。作業機下降で元の回転数に復帰します。

レクシアモンロー

STセンサがトラクタの傾きに瞬時に反応。枕地耕うんでは速度を落とさず高精度に仕上げ、ハロー旋回時や畑地のうねくずしの仕上がりも良く、均平な耕盤づくりができます。

傾斜地モンロー

傾斜に合わせた作業機の角度制御で、等高線作業がスムーズ。旋回後ロータリの傾斜角度が入れ替わっても反転し、斜面に沿って制御します。作業機を降ろしたまま旋回しても傾斜に追従しますので、傾斜地回り耕ができます。

MCオート

ほ場の凹凸や、土質の変化に対応して耕深を一定保持。(カバーミックスオート)また、ロータリカバーを上げたまま、あぜ際いっぱいから耕うんできます。(Eオート)

オートアップ

耕うん作業などの旋回時に、ハンドルを大きく切ると自動で作業機が上昇します。

バックアップ機能

シャトルレバーを後進に入れると作業機が上昇。上げ忘れを防ぎます。

クワトロ旋回システム

「ハンドルをきる」「ポンパで作業機を下げる」の操作だけで、泥の飛散を抑えたスムーズな旋回ができます。

AD倍速ターン

ハンドルを大きくきると前輪が後輪よりも速いスピードで回転し、2WD以上の小旋回。旋回内側後輪は自動ブレーキがかかるので、足によるブレーキ操作は不要です。

ポンパ

ハンドル手元レバーで作業機昇降がカンタンにでき、作業中の旋回が効率的に行えます。

MCドラフト

プラウなどの重負荷作業時に、けん引を一定に保つドラフトシステム。スリップによるロスを減らし、効率良く作業できます。

レーザーモード

高精度均平でほ場の大規模化や、低コストで安定した品質の作物づくりに貢献する、レーザーレべラーのコントローラーキットを内蔵しています。

あんしんPTO

PTOを、走行に関係なく手元のスイッチで「入・切」でき、いろんなPTO作業がラクに行えます。

アップオフモード

PTOスイッチを「自動入」に設定しておけば、作業機アップ時にPTO回転が自動停止し、作業機ダウン時に回転が再開します。

ワンタッチ耕耘モード

モンロー、オートなどの多機能をまとめて「入・切」できます。お好みの機能だけを選んで設定できる、カスタマイズ機能付き。

旋回2WD

4WDで作業中、ハンドルをきると自動的に2WDに変わり、作物や枕地に優しく旋回できます。
※MR70スペシャル機の標準装備ウエイトは4枚で、追加のウエイトはオプションです。

走行モード切換え

2WD⇒4WD⇒倍速⇒AD倍速の切換えはボタン式。走行中でもワンタッチで切換えできます。

ページトップへ戻る