高度な油圧システム

強大な油圧揚力が作業効率の可能性を拓く。

大油圧揚力の、リア3P/フロント3P

リア3Pは最大9400kgf、フロント3Pは最大3900kgfの油圧揚力を発揮し、大規模作業に応える大型インプルメントに対応。
フロントウエイトもラクに装着でき、前装インプルメントを装着して効率的な複合作業ができます。
※油圧揚力はボール点の水平時の揚力です。

カテゴリIIIクイックフック式のリンクエンド(標準装備)

ロアーリンク・トップリンク先端にフック式を装備(フロントトップリンク除く)。インプルメントの装着がカンタンにできます。

リヤ3点リンク外部操作スイッチ(標準装備)

ロアーリンクの上下、PTO回転が外部から操作できるので、インプルメントの着脱がスムーズに行えます。

オートマチックWスタビライザ(標準装備)

ロアーリンクの振れをインプルに合わせて
「ロック」「フリー」「オート」から選択できます。

制御 制御・作業
オート(自動) 3P上昇で固定され、下降でフリーになる。プラウ、サブソイラで使用。
ロック(固定) ロアーリンクが絶えず固定されている。ロータリ耕うん等で使用。
フリー(解除) ロアーリンクが絶えずフリーで動く。リェックチェーンではプラウ、サブソイラ等で使用。

補助コントロールバルブ

油圧を必要とするインプルメント用に複数の補助コントロールバルブを装備しています。

パワービヨンド機能(P・H仕様の派生F 標準装備)

補助コントロールレバーでの操作無しで油圧を取出せます。 絶えず油圧を必要とする場合に便利な機能。

リアPTO、4段装備

重作業・一般作業のPTO回転540・1000の2段と、軽作業用のPTO回転540E・1000Eの2段を装備。様々なインプルメントに対応し、エンジン回転を抑えた低燃費作業もできます。

フロントPTO(派生F)

フロントPTO(1000回転専用)を採用。PTO回転を必要とするインプルメントを装着した、複合作業が行えます。

フロントローダ

自分の腕を動かすように力強く、そしてしなやかに。

ロールベーラの4段積みが可能。倉庫スペースを有効に使用できます。

独自のブーム内装Z型リンクですっきりしたデザイン。
前方視界は良好です。

電子ジョイスティック(P・H仕様)

軽い操作、応答性の良さにより、細やかな作業もストレスなく行えます。また切替えスイッチで補助コンとしても使用できます。

流量調節(P・H仕様)

ターミナルモニタのパネルタッチ操作で「流量調節」と「アキュムレータON/OFF」の制御が行えます。

メカニカルセルフレベリング(平行昇降)

先端アタッチメントの水平を保ったまま昇降できます。

油圧コントロールバルブ

オープンセンタ用とクローズドセンタロードセンシング用の2種類のバルブを採用。バルブ一体型クイックカプラで容易に着脱できます。

充実の油圧オプション

3rdファンクションバルブを標準採用。ベールグラブやサイレージグラブなどの開閉操作が行えます。さらに、切り替え式の4thファンクションバルブをオプション採用し、多機能先端アタッチにも対応します。

※1.当該フロントローダの装着には、ローダ装着可能トラクタ(ローダレディ仕様)が必要になります。 ※2.当該フロントローダには、フロントガードキットが標準装備されます。 ※3.トラクタの仕様によりバルブキットが異なります。(スタンダード仕様の場合、オープンセンタ用バルブキットが必要です)(プレミアム/プレミアムハイ仕様の場合、クローズドセンタロードセンシング用バルブキットが必要です) ※4.先端アタッチメントは別売です。

主要諸元

型式 LM2605JP
型式コード ローダ本体 7J453-14060
S仕様のバルブキット 7J447-73203 7J447-63240
適応 S仕様 P・H仕様
持上げ力(ヒンジピン)(kg) 2620
最大持上げ高さ(ヒンジピン)(mm) 4250
ダンピングクリアランス(mm) 3321
ダンピングリーチ(mm) 1211
スクイ力(800mm前方)(kN) 48.2
サイクルタイム 上昇(秒) 6.4 5.4
下降(秒) 8.1 8.1
スクイ(秒) 4.6 4.6
ダンプ(秒) 5.1 5.1
バケット作動角 スクイ角(度) 42
放出角(ダンプ角)(度) 59
ダンピングクリアランス オープンセンタ クローズドセンタロードセンシング
ダンピングリーチ ケーブル式 電子ジョイスティック
  • 1
  • 2

ページトップへ戻る