こんな方にオススメ!

  • 手軽に省力化に取り組みたい方
  • 経営面積が増えてしまって、育苗ハウスが足りない方

密播

密播とは

「密播苗移植」は、どんな技術でしょうか?

密播苗と少量かき取りを組み合わせることにより、苗箱の数を減らすことができる技術です。

 徒長した苗などでは、欠株が多くなるおそれがあります。かき取り量は苗の状態に応じて欠株が多くならないよう調節し、無理なく1株当たり3~5本を移植します。

稚苗と密播での播種密度と苗取り量の違い

密播のメリット

事例

密播苗と慣行苗(稚苗)の経費および労力の比較


出典:平成25年度 全国システム化研究会(広島県)

※ 本ウェブページに掲載の商品の価格、外観、仕様は、予告なく変更となる場合があります。

当サイト内に掲載されている製品についてのご注意事項です。



密播キットを取り付けるだけ!

苗スライドストッパ

苗マットの横送りを安定させる

苗クリーナー

爪の間の根詰まりを防ぐ

※製品の詳細、対応田植機はお近くのクボタのお店にお問い合わせください

クボタは健苗育成!

播種量の目安は230~250g程度(乾もみ換算)

密播苗対応
「クボタニューきんぱ播種機」の活用

①安定した苗づくりのためにクボタニューきんぱ播種機を使用します。

②クボタニューきんぱ播種機は、播種ロール交換機能が設けられており、「標準ロール」を「大粒米きんぱロール」に交換することで、乾もみで230~250gの播種が可能です。

  床土 かん水 播種 覆土
密播苗 18㎜ 250g 6mm程度
通常苗 20㎜ 150g 4mm程度

ニューきんぱ播種機のサイトへ



安定した薬効を確保

密播や疎植で苗箱数が減ると、初期害虫の食害やいもち病感染のリスクが高まりますが、移植同時側条施薬機(SSY6/SSY8)は苗箱数に関係なく面積当たり決まった薬量を施用できます。

■SSY6/SSY8で使用できる薬剤

SSY6/SSY8 移植同時側条施薬機のサイトへ



NAVIWELで高精度密播!

株間キープ機能&直進キープ機能のNAVIWELでは計画通りの苗箱数で作業が行え、より高精度で密播に取り組むことができます。

株間キープ機能NEW
<低コスト>

進む距離を把握し、爪の回転速度を制御しながら植付けるので、ほ場条件がわからない初めてのほ場でも、狙ったとおりの株間で植付します。

株間キープ機能<NEW> <低コスト>

直進キープ機能NEW
(直進時自動操舵機能)(GS仕様)

直進時に自動操舵ができるので、田植機操作が不慣れな方でも簡単にまっすぐ田植えができます。熟練者においても労力が軽減されることで作業効率が向上します。

施肥量キープ機能<NEW><低コスト>
※画像をクリックで拡大されます

NAVIWEL(ナビウェル)のサイトへ



ページトップへ戻る