DESIGN Lab.

新しい時代に向かう意思で、田植えを変える。

DESIGN Lab.

エクステリアデザイン

エクステリアデザイン

エクステリアデザイン

スムーズなオペレータの動線を確保するレイアウト、軽量化によるベストな車体バランスの追求、そしてメンテナンスのしやすさ。すべては農業のプロフェッショナルが田植機に求めた進化。NAVIWELは、求められるものをカタチにすることで生まれた「機能美」を体現します。

360°VIEW NAVIGATION マウス操作で360°回転

GPSアンテナユニット

ICT

GPSアンテナユニットが、ICT田植機のアイコン。株間キープ、施肥量キープ(F仕様)、直進キープ&条間アシスト(GS仕様)、そのすべては能率的な田植え作業のデザイン(計画)のためにあります。

GPSアンテナユニット

LEDヘッドライト

LEDヘッドライト

LEDヘッドライトをアクセントにした先進のフェイスデザイン。

LEDヘッドライト

インターフェース

インターフェース

インターフェース

ICT田植機のコアは、オペレータと田植機をつなぐインターフェースデザイン。
作業の状況、機体の状況、操作のフィードバックなど、すべての情報を正しく伝えることで、オペレータの適切なアクションにつなげてゆく。機械の能力を存分に引き出すこと、それをどなたにでも利用いただけること。NAVIWELは、ICT田植機に求められるインターフェースデザインを追求しました。

4.3インチカラー 液晶パネル / マルチスイッチ/スイッチボックス

4.3インチカラー 液晶パネル / マルチスイッチ/スイッチボックス

4.3インチカラー 液晶パネル

イラストと日本語で、スムーズに情報をキャッチアップ。

マルチスイッチ/スイッチボックス

回して「選択」、押して「決定」マルチスイッチで簡単操作。

可変施肥仕様/NW8S-PF-GS

施肥マップで施肥量調整!可変施肥で均一な生育へ!

DESIGN Lab.

施肥マップ

施肥計画は面から点へ

KSAS営農支援システムに登録されているほ場に可変施肥量(施肥マップ)を設定。KSASクラウドと田植機側の直接通信ユニットが連携し、施肥マップを受信することで可変施肥を行います。

※KSAS営農コースへの加入が必要となります。

施肥量の「増・減肥」

生育ムラが考えられるポイントに対して施肥量の「増・減肥」が可能

可変施肥機なら、ほ場1枚の中でさらに細かく施肥量の設定が可能。「生育ムラ」を減らし、「収量・品質アップ」に貢献します。

施肥マップ

前年のデータを参照して、施肥を行うことも可能!

コンバインのメッシュマップデータを活用し、前年のほ場内の食味・収量を確認。施肥が不足しているポイントを絞り込むことも可能です。

施肥マップ

直接通信ユニット

直接通信ユニット(写真)とKSASクラウドが連携し、作成した「施肥マップ」のデータを受信します。

ページトップへ戻る