ICT Lab.

3Keep,1Assistで、田植えを変える。

ICT Lab.

株間キープ機能

株間キープ機能

高精度田植えの実現で、低コスト農業を応援

株間キープ機能NEW

進む距離を把握し、植付爪の回転速度を制御しながら植付けするので、ほ場条件がわからない“初めてのほ場で”も、狙ったとおりの株間で植付けします。
ほ場ごとの苗使用量を高精度に管理できるので、苗の準備にかかる時間や費用を節約でき、コスト低減が図れます。

NAVIWEL特設サイト株間キープ機能 詳しくはこちら

施肥量キープ機能(F仕様)

施肥量キープ機能(F仕様)

高精度施肥の実現で、低コスト農業を応援

施肥量キープ機能(F仕様)NEW

進む距離を把握し、施肥ロールの回転速度を制御しながら肥料繰出しするので、ほ場条件がわからない"初めてのほ場でも、狙ったとおりの施肥量で埋設します。
ほ場ことの施肥量を高精度に管理できるので、肥料の準備にかかる時間や費用を節約でき、コスト低減が図れます。

NAVIWEL特設サイト施肥量キープ機能 詳しくはこちら

直進キープ機能(直進時自動操舵機能)(GS仕様) Zoom

簡単まっすぐ疲労軽減

直進キープ機能(直進時自動操舵機能)(GS仕様)

直進時に自動操舵ができるので、田植機操作が不慣れな方でも簡単にまっすぐ田植えができます。熟練者においても労力が軽減されることで作業効率が向上します。

直進キープ機能(直進時自動操舵機能)(GS仕様)

NAVIWEL特設サイト直進キープ機能 詳しくはこちら

条間アシスト機能(GS仕様) Zoom

田植え操作が不慣れなオペレータをアシスト

条間アシスト機能(GS仕様)NEW

直進キープ開始時に隣接条間の「ズレ」をお知らせし、アシストするので「直進キープ機能」が更に使いやすくなりました。隣接条合わせをサポートするので、不慣れなオペレータでも安心です。

条間アシスト機能(GS仕様)

NAVIWEL特設サイト条間アシスト機能 詳しくはこちら

OPERATION Lab.

作業情報の見える化で、田植えを変える。

OPERATION Lab.

カラー液晶パネル + マルチスイッチ Zoom

カラー液晶パネル + マルチスイッチ業界初

4.3インチカラー液晶パネルのイラストと文字表示で機械の状態と作業の設定が確認できます。
マルチスイッチでは、画面の切替えと各項目の選択・決定が行えます。

カラー液晶パネル + マルチスイッチ

マルチスイッチシミュレーション

液晶パネル画面遷移

液晶パネル画面遷移

マルチスイッチで簡単操作。

液晶パネル画面遷移

液晶パネル画面遷移

マルチスイッチシミュレーション

除草剤散布機&殺虫殺菌剤散布機 手元操作スイッチ

除草剤散布機&殺虫殺菌剤散布機 手元操作スイッチ

除草剤散布機&殺虫殺菌剤散布機 手元操作スイッチ

除草剤散布き散布機(こまきちゃん)・殺虫殺菌剤散布機(箱まきちゃん)の「ON/OFF」がスイッチボックスで行えます。
機械に乗った状態で電源ON/OFFができるので、乗り降りする手間が省けます。
※散布機本体の電源をONにしていないと、手元操作スイッチが「入」を選択しても電源はONになりません。

スムーズなアクセスで、田植えを変える。

スムーズなアクセスで、田植えを変える。

10aお知らせ機能

作業面積が10aに達すると、液晶パネルの表示とブザーでお知らせします。苗や肥料の使用を10a毎に確認できるので、残りの作業計画が立てやすくなります。

端寄せ機能

端寄せ機能

端寄せ機能

マルチスイッチと主変速レバーの操作だけで植付部を最端(左)に寄せられます。作業開始時や苗載台折りたたみ時(NW8S)に便利です。操作手順は液晶パネルに日本語表示するのでわかりやすく安心です。

簡単操作&エコで、田植えを変える。

簡単操作&エコで、田植えを変える。

ゆう優ワンレバー(アクセル連動HST)

ゆう優ワンレバー
(アクセル連動HST)

レバー1本でHSTと連動しながら前・後進できます。アクセル連動なので、空ぶかしがなくムダな燃料消費もありません。

ハンドアクセルレバー

ハンドアクセルレバー

主変速レバーが低速位置でも、エンジン回転数を上げることができるので、様々な条件での作業に対応します。

ポンパレバー

ポンパレバー

植付部の「上昇・下降」、「植付クラッチの「入・切」、「左右マーカの出・収納」が、レバー1本で操作できます。

eストップ

主変速レバーを「eストップ」ポジションに倒すだけでエンジン停止。
苗補給時などで燃料消費を抑えた「エコ」作業が行えます。

eストップ

苗補給時や施肥補給時にeストップを使用した結果、同じ条件で田植作業をした場合と比べ燃料消費を12%減らすことができました。

※自社調べ。下記条件で植付をした場合。
田植機条数:8条、ほ場面積:50a、苗箱数20箱/10a、施肥:40kg/10a、人数:オペレータ1名、補助者1名(条件によって消費量の数値は変動します)

あぜぎわスイッチ(あぜぎわクラッチ自動復帰機能付)

あぜぎわスイッチ(あぜぎわクラッチ自動復帰機能付)

あぜぎわスイッチ(あぜぎわクラッチ自動復帰機能付)

2条ずつ植付条を止めることができるので、あぜまでの距離に合わせて植付条を調節できます。「あぜぎわスイッチ」使用時に植付部を上昇させると自動で全条復帰するので、戻し忘れを防ぎ安心です。

ページトップへ戻る