農業と水をつなぐ
クボタのICT「KSIS」

農業機械のリーディングカンパニーとして、日本の米づくりを支えるクボタは、TPP、農業人口の高齢化と後継者不足といった深刻な営農課題に寄り添い、ICTやIoTを活用した次世代スマート農業の実現に取り組んでいます。農業経営のサポートと製品価値の高い作物生産を目指し、クボタはICTと農業の融合を推進しています。

クボタの「KSIS(KUBOTA Smart Infrastructure System)」は、農業機械とともに営農を支援する「KSAS(KUBOTA Smart Agri System)」と、ほ場の水管理を行う「WATARAS」との連携によって、“よりおいしいお米をより多く収穫する”日本型の儲かる精密農業の支援を目指します。
※KSASとWATARASの連携は開発中です。



あらゆる水環境を見守る、予測する、制御する 「KSIS」とは

あらゆる水環境を見守る、予測する、制御する
クボタのIoTソリューションシステム「KSIS」

クボタIoTソリューションシステム「KSIS」はさまざまな水環境プラント・機器の遠隔監視・診断・制御サービスをご提供するクボタ独自のシステムです。IoTを活用した機器の遠隔監視により巡回点検を省力化。さらに監視データを解析して予兆を検知することで時間計画保全から状態監視保全によるLCC低減に繋げていきます。


農業用水

運転監視データや機器診断データはKSISクラウドサーバに保存。PC・スマホからいつでも確認できます。

  • 運転監視
    複数施設を広域監視することで監視作業を軽減。
  • 診断・寿命予測
    監視データ・精密診断結果から最適修繕・更新計画を立案。
  • 自動制御
    運転・処理プロセスの最適自動化により低コスト・省人化をサポート。

浄水場や水道管路
農業用水施設
中継ポンプ場や浸水被害を防ぐ排水機場
浄化槽や産業排水処理施設
下水処理場やマンポールポンプ など

KSISは様々なシーンで施設管理・運用の省人化・効率化をサポートします。

「WATARAS」と「KSIS」の連携で、農業の水管理を自動化

「WATARAS」は、水田の給水・排水をスマートフォン、タブレット端末、パソコンでモニタリングしながら、遠隔操作または自動で制御するシステムです。

「KSIS」は、「WATARAS」の水位情報から各ほ場エリアの水需要量を自動算出して揚水ポンプ運転を自動制御します。
必要なときに必要な水量を送ることで、ポンプ運転管理の手間削減だけでなく、受益者負担となるポンプ消費電力や使用水量の削減につながります。


日本の農業の未来を支えるクボタのIoT

将来のデータ連携イメージ

現在、ほ場水管理システム「WATARAS」と「KSAS」「KSIS」の連携を開発しており、完成すれば、稲作に関わる水管理の自動化が実現します。「KSAS」にひもづく情報の一つに水位が加わるだけでなく、遠隔から点在する多数のほ場の水位を調整できるようになることは、利用農家に大きなメリットをもたらします。

日本の農業に、未来と希望を。日本の農業が今後、“魅力ある強いビジネス”に成長するためには、ロボット技術やICTを活用して超省力・高品質生産を実現する新たな農業、「スマート農業」の普及が欠かせません。クボタは、利益の高い農業経営を可能にするソリューションを提供してまいります。