WATARAS(ワタラス)とは

WATARAS(ワタラス)とは

Water for Agriculture Remote Actuated System)

WATARAS(ワタラス)は、水田の給水・排水をスマートフォンやパソコンでモニタリングしながら、遠隔操作または自動で制御できるシステムです。

本システムは、研究開発国家プロジェクトである「戦略的イノベーション創造プログラム」(略称SIP)の「次世代農林水産業創造技術」によって“農業・食品産業技術総合研究機構”( 農研機構)が中心となって開発した技術です。

本製品は、株式会社クボタのグループ会社である株式会社クボタケミックス製品となります。


スマホでラクラク水管理

WATARAS(ワタラス)の導入メリット

農研機構での試験結果では

  • 水管理に要する労働時間は約8割削減
  • 用水量は約5割減少
  • 水位制御したほ場は、降雨時を除いて設定水位を維持

※農研機構所内の試験ほ場と対照ほ場との比較結果です

導入メリットの詳細

水管理労力を低減できます

現状は

水管理時期は、朝バルブを開き、夕方バルブを閉める毎日。特にほ場が遠い場合は、移動時間がかかり大変です。

WATARAS(ワタラス)では

「一定湛水」制御なら、スマホで水位を設定。水位計測値によりバルブ等を自動で開閉。水管理のためにほ場に行く回数と減らすことができます。

動画によるご説明


設定した時間に給水できます

[ 寒冷地 ]
日中にほ場の水温を下げないように夜間・早朝に給水
[ 温暖地 ]
高温障害対策として夜間・早朝に給水

現状は
夜間・早朝の給水操作は大変、視界が悪く、思わぬケガも…

WATARAS(ワタラス)では

「時間灌漑」機能を使えば、夜間などの設定した時間にバルブ等を開閉したり、「一定湛水」制御により、水管理することができます。

動画によるご説明

無駄な排水を減らして用水を効率的に活用できます

現状は
ほ場の水位がわからず、最適なタイミングでバルブを閉めることができないため、用水とともに、せっかく撒いた除草剤や肥料が流出してしまいます。

WATARAS(ワタラス)では

水位水温計の計測値による「一定湛水」制御なら、無駄な給水、排水がなくなります。また、用水量が限られている地域では、地域で運用ルールを定めて「時間灌漑」機能を使うことで、計画的にほ場に給水することができます。

動画によるご説明

水管理の履歴を確認できます

米の品質向上や営農計画の判断材料として、バルブ開度など水管理の履歴を確認できます。


水位・給水開度

水温

動画によるご説明



WATARAS ログイン用URL・QRコード

本システムはWebブラウザ上で動作します。

・推奨ブラウザ:Google Chrome

・推奨OS:iOS 12以上、Android 8.0以上、Windows 8.1/10

※ 推奨環境以外の場合、お使いの端末の環境によっては正常に動作しない場合があります。

※ OSのアップデートにより、正常に動作しない可能性があります。

接続先URL:https://wataras.kubota.com/
loginForm

セールスポイント①

既存のバルブや用水路を活用可能

  • 設置済みのバルブを取り替えることなく、電動アクチュエータを設置することができます。
  • ※設置できないバルブがございます。専用アタッチメントの要否等、詳細はお問合せください。
  • セールスポイント②

    排水側にも設置可能

    ■給水側設置事例

    ■排水側設置例

    電動アクチュエータを排水側にも設置することで排水制御が可能となります。

    ※給水側のみ設置することも可能です。

    セールスポイント③

    リトライ機能で用水ロスを軽減

    電動アクチュエータを設置したバルブ等に(枯れ葉やゴミなど)異物が挟まり トルクや開度の異常を検知すると、バルブの開閉を数回繰り返し、異物の排除 動作を行います。

    異常の場合、ほ場詳細画面にアラートが表示されます。

    ここがポイント!

    リトライ機能がないと、バルブが開いたまま水は流れ続ける状態となり、設定水位にすることはできません。また、この機能によって、大切な用水の使用を極力少なくすることができます。

    注意点給水栓のごみ処理対策は引き続き必要

    WATARASのアクチュエータは、あくまで給水栓を自動で開閉する装置 です。異物の排出を促すリトライ機能はありますが、給水栓にごみが溜まらないようにするための機能はありません。リトライしても異物の除去ができない場合はエラーが通知され、人為的に異物の取り除き対応をしていただくことが必要です。また、異物によるエラーを減らすためには日々の清掃が引き続き必要となります。

    ※手動の開閉時に異物の噛みこみが多いほ場(バルブ)は、WATARASを設置してもエラーが頻繁に起こる可能性がありますのでご注意ください。

    セールスポイント④

    ほ場に電源の設置が不要

  • 電動アクチュエータは、太陽光発電と内蔵バッテリのみで稼動するため、電源が必要ありません。
    水位水温計は、電動アクチュエータから電気が供給されます。
  • ※中継機はAC100V電源が必要です(別売のソーラーパネルユニットを搭載すれば不要です)。
  • セールスポイント⑤

    スマホで様々な管理作業が可能

  • スマホで水位調節、給水時間の設定ができます。
  • ここがポイント!

    ❶気温が高いとき、冷たい水を夜間にかんがいし、高温障害による米の品質低下を防止できます。

    ❷台風等による強風時は深水管理にして稲の振動を防止できます。

    マイナビ農業の紹介ページはこちら

    マイナビ農業の
    紹介ページはこちら