KP-201H(L)

大苗も植えられる、コンパクトな乗用移植機の登場です。

大苗の移植が可能

72穴、128穴、200穴セルトレイ苗に対応。通常の苗はもちろん、大苗も植えることができます。

予備苗14枚を積載可能

予備苗台枚数は14枚。大規模圃場でも苗の補給回数が削減でき、連続作業が長く行えます。

2うね同時移植(広幅対応)

2うねをまたいで、1うね1条ずつ植付けます。
条間66㎝までの広幅に対応します。

※[ ] 内の数値は大径タイヤ仕様です。

※トレッドは、標準タイヤ仕様、大径タイヤ仕様とも100~140cmとなります。

※イラストはイメージです。

基本仕様

前向き乗用

オペレータが進行方向を向いた姿勢で着座できる「前向き乗用」。
正面のターンテーブル上のホッパに健苗だけを選んで投入できる半自動タイプなので、補植の手間がかかりません。

最適操作バランス

旋回がラク!だから作業が早い!

ハンドル押下げ荷重が軽いので、大きな力をかけずに楽に旋回できます。

手動モンロー&油圧式自動昇降機能

手動モンロー

傾斜地や凹凸のある圃場でも、機体前部のレベラーを見ながら、レバー1本で植付部の水平を保つことができます。

油圧式自動昇降機能

うねの高さを感知し、うねの高低によらず、自動的に植付深さを合わせます。


※イラストはイメージです

ワンタッチ株間ダイヤル

作物に応じて、株間がワンタッチで調節できる!上り下りの斜面に応じて株間を微調整できます。


※こちらの操作パネルはKP-201CRです。

半自動

健苗だけを選んで植え付けできます。補植の手間がかかりません。

簡単トレッド調節

車輪を浮かせて一人で調節できるので準備作業がラク!


※写真はKP-201CRです

ページトップへ戻る