SPH400

メーカー希望小売価格(税込)
2,948,000円
※価格表記は税率10%になります。

紹介動画を見る


ハウス栽培のほうれんそう、らくらく作業でどんどん収穫!


画像を拡大

4条同時収穫

4条同時に収穫するので、手作業と比べ最大約10倍程度の高能率な作業が可能です。

※作業条件により異なります。

電動式

バッテリと電動モータで動くので、排ガスがなく、低騒音・低振 動です。バッテリは家庭用コンセントで簡単に充電できます。

根切位置調節

①ソイラと②クローラの高さ調節により、圃場や生育
に応じた刈取深さの調整が簡単に行えます。

画像を拡大

コンパクトサイズ

全長が短く、取り回しが簡単。 小回りがきくので枕刈りが少なくて済みます。また、軽トラックで運搬できるので、離れたほ場にも楽に移動できます。

SPH400でほうれんそうを収穫する際の注意点


立性・極立性品種のみ対応

立性品種以外は適応できません。立性品種であっても、強い剣葉の品種は損傷率が高くなることがあるため適応できません。

雨よけハウス栽培専用

雨よけハウス専用の機械のため、露地・加工用栽培には使用できません。

播種条間15㎝

播種条間は15㎝限定で、なおかつ4条同時播種が必要です。隣接条も15㎝以上空けてください。播種機の蛇行により条間が狭まると収穫できません。

生育が均一であること

一斉収穫になるので生育が均一であること。また、収穫時の草丈は23~36㎝程度が適しています。短すぎたり長すぎると搬送や収納がスムーズに行われないことがあります。

ほ場内は平らであること

傾斜地では機体が傾き、操作が著しく困難になります。

地表近くに石(5㎝以上)がないこと

固まりやすい土質の場合は、石の大小に関わらず、機械の障害になり使用できません。

地表近くにワラ、バーク堆肥等の繊維質のものがないこと

繊維質のものがソイラにからみ、根の切断性能が低下します。

土質がポイント

排水性が悪いほ場や、黒ボク等根に土が付きやすい土質は、土を振るい落とすことができないため、使用できません。また、収穫数日前にかん水を止め、収穫時に土が乾いている必要があります。

※ 本ウェブページに掲載の商品の価格、外観、仕様は、予告なく変更となる場合があります。

当サイト内に掲載されている製品についてのご注意事項です。

  • ほうれんそう収穫機 主要諸元
  •  
  • ほうれんそう収穫機 カタログ
  • ほうれんそう収穫機 取扱説明書

ページトップへ戻る