道路上で走行できる揚所


1. 歩道や路側帯を通行しましょう

歩道のある道路では、歩道を通行してください。歩道のない道路では、路側帯の右側を通行してください。



2. 歩道も路側帯もない揚所では

歩道も路側帯もない道路では、道路の右側を通行してください。
進行方向に障害物があるときは、一旦停止して前後の安全を確認して通行します。
自動車などが近づいているときも、一旦停止して自動車が通過するのを待ち、前後の安全を確認してから通行してください。

3. 道路中央は走行できません

道路の中央は絶対に走行してはいけません。大変危険です。

道路の横断のしかた


1. 横断歩道での走行

横断歩道や信号機のある交差点では、横断歩道を利用してください。横断するときは、左右の安全を確認してから横断してください。

2. 歩行者信号のあるところ

押しボタン式の歩行者用信号機のある場所では、ボタンを押し、信号が「青」になったことを確認してから渡りましょう。

3. 信号機がないところ

信号機のない場所では、必ず横断歩道のある場所まで移動します。 横断歩道の手前で一旦停止して、左右の確認をしてから横断してください。

4. 横断歩道がないところ

横断歩道のない場所では、見通しの良い場所で左右の安全を確認してから横断してください。自動車などが近づいているときは、通りすぎるのを待ち、もう一度左右の安全を確認してから、横断してください。

5. 斜め横断はやめましょう

道路の斜め横断はしないでください。
道路に対して直角にまっすぐ横断しましょう。

6. 見通しの悪い揚所での横断はやめましょう

カーブの付近や見通しの悪い場所での横断はしないでください。
道路を横断するときは、見通しの良い安全な場所まで移動してから横断してください。

7. 交差点を渡るとき

交差点付近では、一旦停止し、曲がってくる自動車などに十分注意し、左右の安全を確認してから横断してください。

8. 踏み切りを渡るとき

踏切の手前では必ず一旦停止し、左右の安全を確認してください。踏切内を渡るときも、脱輪や線路の溝にタイヤが挟まらないようハンドルをしっかりと握り、線路に対して直角に渡ってください。
踏切内で立ち往生してしまった場合は、慌てず介助者や回りの人の協力を得て、非常ボタンを押してもらうとともに、直ちに踏切内から脱出してください。

道路を走るときに注意すること


1. 大型車の近くを走るときに注意すること

電動車いすは大型車の死角(運転手から電動車いすが見えない状態)に入りやすいので、大型車の近くの通行は避けてください。 また、夜間の走行も危険ですので避けてください。

道路標識や信号の見方


ページトップへ戻る

株式会社クボタ