正確な株間、高速播種!バキュームシーダー・オプティマシリーズ

Vacuum Seeder正確な株間、高速播種! バキュームシーダー・オプティマシリーズ

Optima シリーズ

Optima series

作物や種子の形状を問わず、正確に点播!

トウモロコシ/大豆/ひまわり/ビートなど、作物の種類を選ばず、独自のバキュームユニットにより、正確な点播作業が可能です。ユニットは替種床や作物に合わせてN/Tモデルで選択。2尺2寸時間対応の種子の両側に施肥するJP仕様もラインナップ。

平行リンク式「播種ユニット」

自在な畦幅調節

播種ユニットは、メインフレームにボルト固定式のため、様々な条間に調整可能です。

簡単な株間調節

株間はフレーム横のボックス内のスプロケットと播種板の組み合わせで簡単に調節が可能です。

ファームフレックスホイール

播種深さはハンドルで後部ホイールを上下させきめ細かな調節が可能です。ホイールは弾力のあるゴム製で土付きが少なく最適な鎮圧効果が得られます。種子の落下位置が極めて低いため均一な株間が得られます。

  • タンデムユニット"Tモデル"

    シュガービートのように播種深度が浅く、正確な播種深さを求められる場合、柔軟な圃場条件で播種ユニットが沈むのを防ぐために、前後にホイールを配置。

  • 独自の「バキュームユニット」

    真空ユニットは、点検窓から見ながらスクレーバーの調整で、簡単 / 確実に播種板の穴に1粒ずつ吸着させます。ガスケットを使用しない特殊な密閉構造は、メンテナンスが簡単で、種子板の交換も工具が不要です。

    動画再生はこちら



Miniair シリーズ

Miniair series

微小な野菜種子を正確点播

直径1mm前後~の裸種子、コーティング種子を正確に点播する野菜専用真空播種機です。

作物/トラクター/圃場条件に合わせてカスタムメイドできます

条間+トラクタートレッドに合わせたフレーム選択や、種子径/株間に合わせた種子板の選択、土壌条件に合わせた鎮圧輪選択、その他、薬剤散布装置やマーカーなど、ご要望に合わせたスペックでのカスタムメイド商品です。(フレーム最小幅:2.0m 最小条間11cm)


充実のオプション

「オプティマ」「ミニエア」シリーズには様々なオプション品をご用意。

  • 樹脂製肥料ホッパー"Mモデル"

    OPTIMAシリーズには、標準の770L×1 ホッパー仕様以外に、工場オプションで220L×2 肥料ホッパーの装着も可能です。

  • 薬剤散布装置

    播種と同時に、殺虫剤などの農薬散布を行なう際に使用します。

  • 各種シードディスク

    種子の形状、株間に合わせて様々な播種板を用意しています。

  • シードモニター"VISUS"

    センサーで各ユニットの種子落下をチェックし異常をオペレーターに通知します。その他、播種数/ha、総作業面積haなども表示します。

ページトップへ戻る