TOP

クボタ可変施肥ハイクリブーム KBSA-651CEG6-SAS


水稲への追肥を“可変施肥”で精密化

前作収穫時に食味収量センサ仕様コンバインから得られた「圃場内の食味収量の分布データ」、リモートセンシングから得られた「生育状況データ」を元にメッシュ単位で施肥量を決定、KSAS上で施肥マップを作成し、可変施肥ハイクリブームに読み込ませることで、作成した施肥マップに基づき施肥量を自動調節する“可変施肥”が可能になります。




紹介動画




※ 本ウェブ頁に掲載の商品の価格、外観、仕様は、予告なく変更となる場合があります。

当サイト内に掲載されている製品についてのご注意事項です。



  • 主要諸元
  • カタログ
  •  

ページトップへ戻る