クボタ近赤外線水分計付乾燥機

1分毎に水分を測定する高精度な水分計を搭載し、
遠赤外線乾燥で美味しいお米に仕上げます。

近赤外線水分計を搭載

非破壊で穀物の水分値を測定

近赤外線を穀物に照射します。
光は水分含有率が高いほど吸収されるので、光の吸収量を計算することで穀物の水分値が分かります。

非破壊だから、1分ごとに水分値を測定

非破壊だからこそ、1分ごとに正確な水分値が測定できます。また、穀物のロスもありません。

     

「自動ムラ取りモード」を搭載

層ムラを検知して運転を自動で行なう

1分ごとに水分値を測定できるので、層ムラが検知できます。

横がけ8層交差流下方式+全粒照射方式

薄い層に!

① 横がけ8層交差流下方式

流れてくる穀物を8層に分けて乾燥。
薄い層で乾燥させるからムラなし!

さらに薄い層に!

② 全粒照射方式

8層をさらに薄い層に、一粒一粒ムラなく乾燥!

回転式放射体で均一乾燥!

③ 遠赤外線放射体

回転するから表面温度が均一に!穀物に合わせた乾燥速度も選べます!

タッチパネル採用

部位別にアワメータ表示

部位ごとの稼働時間がひと目で分かる!メンテナンスが必要な時期をお知らせします。


タッチパネル機能

メンテナンス関連は✲ボタンを押すことで一括呼び出し可能。メンテナンスの見える化で稼働中のトラブルを軽減できます。

省エネ+低電力

パワフルなのに省エネ+低電力
最低限のエネルギーで驚くほど生産性が向上

KSAS乾燥調製システム対応

KSAS乾燥調製システムを購入することにより、圃場から乾燥調製・出荷までの情報を一元管理できます。
› KSAS乾燥調製システムはこちら

KSASに対応する近赤外線水分計付乾燥機があれば

乾燥機の運転状態をスマホやタブレットで遠隔確認

1分間に1回の頻度で測定した水分値と、その時の乾燥機の状態をグラフ化してくれるので、求める乾燥への的確な判断が行なえます。

仕分乾燥で品質向上・高付加価値化

食味・収量センサ付コンバインで測定した収穫情報(水分・タンパク)と、近赤外線水分計付乾燥機の「自動ムラ取りモード」との相乗効果により、高効率・高品質の乾燥ができます。

異常メール通知で安心

いつでも、どこでも乾燥機の状況を把握できるので、乾燥中でも他の作業に専念できます。

KSAS対応乾燥機
※金子農機、サタケ、静岡製機、山本製作所のKSAS対応乾燥機をKSAS乾燥調製システムに接続するためには、KSAS接続キットとそれにともなう接続作業費用が別途必要です。
※「Google Chrome」とインターネット環境が必要です。



価格一覧

型式 品番 穀物の種類と処理量 メーカー希望小売価格(税込) 取付価格(税込)
籾(560kg/㎥) 小麦(680kg/㎥)
KRC35(R) M2139-20000 800~3500 960~4200 2,387,000円 64,900円
KRC40(R) M2139-30000 800~4000 960~4800 2,453,000円 64,900円
KRC45(R) M2139-40000 800~4500 960~5400 2,519,000円 64,900円
KRC50(R) M2139-50000 800~5000 960~6000 2,585,000円 71,500円
KRH55(R) M2140-20000 800~5500 960~6600 2,794,000円 82,500円
KRH60(R) M2140-30000 800~6000 960~7200 2,860,000円 82,500円
KRH65(R) M2140-40000 800~6500 960~7800 2,926,000円 88,000円
KRH70(R) M2140-50000 800~7000 960~8400 2,992,000円 88,000円

※メーカー希望小売価格(税込)の消費税率は10%です。

お客様の声

平塚ライスセンター 古谷様(茨城県)

  • カラータッチパネルに穀物温度、熱風温度が表示されるので常に確認できる。
  • KSAS乾燥システムと連動することで、「どこにいても」乾燥機の状態を確認できる。

津軽みらい農協特A米プレミアム研究会会長 工藤様(青森県)

  • 1分ごとにきめ細かい水分値が表示され、ムラのない仕上がりになる。
  • 水分計が非破壊式のため、測定時の穀物ロスが”無い”。

石合様(山梨県)

  • 「自動ムラ取りモード」は、水分ムラを検知し、自動でムラ取りをしてくれるので、後の乾燥が楽で安心。

※ 本ウェブページに掲載の商品の価格、外観、仕様は、予告なく変更となる場合があります。

当サイト内に掲載されている製品についてのご注意事項です。

  • カタログ
  • 主要諸元 PDF
  • 取扱説明書 PDF

ページトップへ戻る