CH-151DX-M

  • 分草部を弾力のあるゴム爪を採用することで、マルチを巻き込まずにマルチフィルムを貼ったままで収穫作業が出来ます。

  • ・ソイラでマルチを引っ掛けたり、切断したりしないので、作業がスムーズです。
    ・切断された葉が後部で排出される際、マルチの上に落ちないので後処理が楽です。

  • ・茎葉を切断した後、にんじんの下葉や土は処理ローラーで取り除かれ、後方に放出されます。
    ・粗選別を経て、きれいなにんじんだけがコンテナに収納できます。マルチの上に落ちないので後処理が楽です。

  • コンテナ自動搬送機構では、ローラと搬送チェーンを組み合わせることにより、重いコンテナを楽にデッキまで運ぶことができます。

  • ・クボタ独自の可動式チェーンで茎葉をはさみ、にんじんの葉元を揃えて、切断刃へ送ります。
    ・にんじんの大きさや掘り取り高さに関係なく、茎葉の切断面が均一できれいです。

  • 前進・後進の切替えや車速の変更がレバー1本で自在に行えます。
    ノンクラッチなのでショックが少なく、スムーズに走行できます。

ページトップへ戻る