CH-151

  • 作業速度0.6m/秒

    最高作業速度

    高出力のE-TVCSエンジンを採用し、高速作業が可能です。また、E-TVCSエンジンはクリーンな排気で、振動・騒音が少なく、長時間作業も快適です。

  • 運転操作が楽

    HST 無段変則

    前進・後進の切替えや車速の変更がレバー1本で自在に行えます。ノンクラッチなので、ショックが少なく、スムーズに走行できます。

  • 15,000本以上/時間の収穫が可能!

    処理能力

    時間当たりの収穫本数は、15,000本以上を実現。

  • 補助者が楽に

    補助者用シートを装備

    補助者用シートの採用で、楽に選別作業が行なえます。(オプション)

  • からまった葉もさばく

    「一定速引き起こしチェーン」

    引き起こしチェーンが車速に関係なく一定速度で回転するため、高い引き起こし性能を発揮。葉が絡まっていても確実にさばく事ができます。

  • 切断面がきれい

    タッピングチェーン

    クボタ独自の可動式チェーンで茎葉をはさみ、にんじんの葉元を揃えて、切断刃へ送ります。にんじんの大きさや掘り取り高さに関係なく、茎葉の切断面が均一できれいです。

  • 下葉をきれいに処理

    下葉処理ローラー

    茎葉を切断した後、にんじんの下葉や土は処理ローラで取り除かれ、後方に放出されます。粗選別を経て、きれいなにんじんだけがコンテナに収納できます。

  • 掘取り操作がかんたん

    ワンレバー調節

    堀取部の上昇・下降や方向転換の操作も、ワンレバーで簡単。堀取り深さが素早く調整でき、条合わせも余裕をもって正確に行えます。

CH-1240CVM

  • うねが高い場合や、凹凸の多い圃場でも、自動的に機体の傾きを修正するので、安定したにんじん掘取りが可能になります。

  • ※小型クラス
    高い作業能力で、広い面積、大量のにんじんもスピーディに収穫。担い手農家の期待に応えます。

  • 操作レバー、ボタン等はオペレータの前部、及び左手前に集中配置。各種操作が楽に行えます。

  • 可動式チェーンでにんじんの茎葉をはさみ、葉元を揃えて切断刃へ送るので、にんじんの大きさ、掘取深さに関係なく、高精度な茎葉切断が行えます。

  • 20PS高出力エンジン搭載。多様な条件の圃場で、余裕を持った快適な作業が行えます。

  • 新たに採用した横分草装置で短い茎葉を、従来からの縦分草装置で長い茎葉を処理。様々な長さの茎葉に対応でき、広い面積を収穫する場合も、高精度に行えます。

  • バイブロソイラ、固定ソイラ両方の装着、付け替えが可能。様々な圃場条件に対応できます。

  • ●駆動ケースを切断刃の上方に配置する等することで、土や茎葉や、くずにんじんが搬送通路に堆積しにくくなりました。
    ●回転式ガイドの採用により、テールカッタ内部に土が堆積しにくくなりました。
    ●第一コンベアにレールを構成。コンベアをスライドさせることで容易に脱着できます。

コンテナ収納部がさらに進化

  • 従来機より1個多い、12個のコンテナが搭載可能。空コンテナを手の届きやすい位置に置くことができるので、補助者による粗選別作業が効率的に行えます。コンテナ自動搬送とコンテナ配置の最適化により、補助者が機械から乗り降りする回数も少なくてすみます。

  • ●コンテナ送りの自動/手動が切替えでき、補助者の作業性に応じて選択できます。
    ●補助者用の座席は前後、左右、上下の位置調整が可能。楽な姿勢で作業ができます。また、補助者用の座席は回転するため、補助者の乗り降りがしやすくなっています。

ページトップへ戻る

株式会社クボタ