※ アイメック®はメビオール株式会社の登録商標です

特長・性能

質と量へ 高糖度・高品質で安全・安心なトマト栽培

特長

・土作りは不要 → どこでも、誰でも 取り組めます
・設備も農薬も最小限 → 環境にやさしい農法です
・魅力あるトマト → 甘く、美味しく、栄養価の高いトマトです

こんな方におすすめ

・新規就農、はじめてのトマト栽培、はじめての施設園芸を検討されている方
・複合経営、企業参入、異業種参入をご検討の方
・商品力のある生産物に取組みたい方
・販路確保の労力軽減をご検討の方

製品概要

アイメックとは

トマトは、水分供給量が少ない条件下で栽培すると糖度が増します。しかし、今までの土耕栽培や水耕栽培ではかん水や施肥の方法が難しく、安定的な生産ができませんでした。アイメック栽培は、無数のナノサイズの穴が開いた特殊なフイルム(ハイドロメンブラン)により、トマトの根が求める養液だけを供給し余分な水分や雑菌を通さない(適度なストレスを与える)ことで、農業未経験の素人の方でも、栽培初年度から高糖度・高品質で安全・安心なトマトの生産を可能にする画期的な新技術です。

水を制御する先進フイルム
アイメックフイルム

ナノサイズ※の穴の開いた特殊フイルムは、根が求める養液だけを供給し、ウィルスや病原菌を通しません。根は酸素を空気中より豊富に取り入れ、多くの毛細根が発達します。

※1ミリメートルの百万分の1の大きさ

どこでもできる(場所を選ばない)

砂漠やアスファルトの上、塩害を受けた土壌など、場所を問わず、どこでも栽培可能です。

※但しハウス内は平地であること

誰でもできる(土づくりは不要)

場所・季節によって変わる土の性状を正確に把握し制御するには、とても高い技術が求められます。アイメックは土の代わりにフイルムを使うので土づくりが不要。どなたでも栽培に取組んでいただけます。

環境にやさしい(設備も農薬も最小限)

養液は根がすべて吸い上げるので排液は出ません。養液の循環設備や殺菌設備などの大がかりな設備が不要です。
ハウス内で土を使わずに栽培するので農薬の使用量が最小限ですみます。

甘く、美味しく、高品質

アイメックで育ったトマトは甘くて美味しいだけでなく、GABA※やアミノ酸などの成分も非常に高く、高評価を得ています。

※:GABA(ギャバ)⇒ 血圧を下げる、中性脂肪を抑える、神経を鎮める効果が期待されます

アイメックベッドの構成

アイメック給液システム

アイメックベッドの設置方法

栽培例

●作型…年2作(春植え、秋植え)
●栽培密度:10a(1000㎡)…4000株

※土耕栽培の約2倍

●収量の目安(1年)…約8~10t

※設置に必要な部材はお客様でご用意ください。
※作物に風が直接当たらないよう風向きにご注意ください。

▲フルティカ(ミディトマト)

よくあるご質問

Q 露地栽培でも出来る?

アイメックシステムは農業用ビニールハウス内に設置するシステムで、雨が降りこむ環境下では栽培出来ません。

Q 何坪から作れる?

設備コストを考慮すると、600坪以上がおすすめです。

Q 実績のあるトマトの品種は何?

フルティカ、アイコ、小鈴などです。

Q なんで甘くなるの?

必要最小限の養液しか与えないため、トマトは養液を求めて根を張り巡らし、栄養を蓄えようと努力します。
その結果、たくさんの糖分、アミノ酸を含んだ果実となります。

Q トマト以外の作物も栽培出来る?

トマト以外にメロン、きゅうり、パプリカなどの果菜類、葉物栽培も研究中です。

Q まず試験をしたいので栽培キットのような物はある?

現在、そのような製品のご用意はありません。

Q フイルムだけでも購入できますか?

フイルムのみの販売はしておりません。

ユーザーの声

製品トピックス

ダウンロード

■ 価格は2024年1月現在のものです。
■ 本ウェブページに掲載の商品の価格、外観、仕様は、予告なく変更となる場合があります。
■ 当サイト内に掲載されている製品についてのご注意事項です。