特長・性能

[(人工団粒構造培地)ANS培地]+[独立ポット]+[専用コントローラー]で
どなたでも美味しい野菜が作れます。

株同士の養水分の取り合いが無いから、無駄なく均一に生育
既存ハウスや遊休地の活用におすすめ!!

ANSポット栽培の特長

どこでも だれでも

土づくりが不要(土壌消毒が不要)
少量培地で軽量だから作業が楽(雑草防除が不要)
独立ポット栽培だから場所を選ばない

美味しいこだわり

根毛の発達を促進
根が呼吸と吸水を同時にできる
必要な時に必要な量を供給できる施肥管理

無駄が無い

【省力】コントローラーで培地水分値を管理
【節水】必要な時に必要な量だけ自動かん水
【低コスト】シンプルな設備

理想的な根域環境を作る「ANS培地」

保水性と透水性の2つの機能を両立

粒子一つ一つが水を保持
多かん水による根腐れ等を防ぎ、活力の高い根を維持
適度なすき間を維持

■保水力の違い 同量の培土に同量の水を加え比較

乾いた培土に水をいれたところ、単粒構造では水の重みで培土が圧縮されている

バットに取り出した途端、単粒構造では保水しきれない水が流れ出す

バットを斜めに持ち上げても、団粒構造では水が流れ出ることはない

最適な土壌環境を維持する

土壌環境の見える化

系統ごとに培地の体積含水率(VWC)、電気伝導率(EC)、温度(℃)をリアルタイムに表示

土壌水分センサー 1系統に1点設置

自動かん水

設定に基づき自動かん水

▼コントローラー

▲給液装置

トマト密植栽培の流れ

育苗から収穫まで約5ヵ月間(1作3~4段取り)

※季節、環境によって変動します

代表的な作物

ポットの形状、培地容量を変えることでトマト以外の作物も栽培が可能です。

ユーザーの声

製品トピックス

ダウンロード

■ 価格は2024年1月現在のものです。
■ 本ウェブページに掲載の商品の価格、外観、仕様は、予告なく変更となる場合があります。
■ 当サイト内に掲載されている製品についてのご注意事項です。