※ 現状はアイメック栽培に対応、他栽培への適応拡大は検証中。

特長・性能

人の眼よりも早くしおれを検知し、的確にかん水
手間削減・負荷軽減 働き方改革に

<こんな方におすすめ>
・高糖度トマトの安定生産が課題の方
・かん水管理を省力化したい方
・こだわりのかん水タイミングをデータ化したい方

Hamirus(ハミルス)とは

植物のしおれ状態を AI で見える化し最適な自動かん水制御を可能にするシステムです。

Hamirusのしくみ

作物上部に設置したカメラで一定時間ごとに植物を撮影。
画像データを元に数値化することでしおれ具合を判断。

■〈カメラ上部から見た葉の状態(一部拡大)〉

■〈設定例〉しおれ具合が90%になったらかん水

かん水方法

系統ごとに、かん水時間・しおれ率を変えられます。

かん水の最大系統数は給液装置のメーカーにより異なります。
メビオール製は6系統、最上川環境技術研究所製は12系統。

■〈かん水方式〉

①自動かん水

②手動かん水

③スケジュールかん水

④臨時かん水

天気の悪い日等、一定期間しおれがなく自動かん水されない場合にも、一定の間隔でかん水を行います。

導入効果

①高品質トマトを安定生産!

・しおれ基準率の設定により、しおれのストレス度合いを一定に

②データの蓄積で技術伝承!

・感覚や経験からデータによる栽培へ

・数値に基づいた的確な指示

③かん水管理の手間軽減!

・省力化により規模拡大

・ハウスにいない時の精神的負担を軽減

主要諸元

ユーザーの声

製品トピックス

ダウンロード

■ 価格は2024年1月現在のものです。
■ 本ウェブページに掲載の商品の価格、外観、仕様は、予告なく変更となる場合があります。
■ 当サイト内に掲載されている製品についてのご注意事項です。