食味・収量センサ

食味・収量センサが新たな農業を切り拓く
「食味・収量センサ」によって、ほ場ごとの食味と収量を確認・把握することが可能です。その測定データに基づき最適な施肥計画を立て、翌年度に実践し、評価する。このサイクルを繰り返すことで、食味や収量の向上が期待できます。

ほ場ごとに、お米や麦の水分含有率・タンパク含有率を測定する

ほ場ごとに、お米や麦の水分含有率・タンパク含有率を測定する

食味センサ

グレンタンク内の穀粒貯留部に貯まった穀粒に対して光を照射。穀粒を透過した光を受け、近赤外域の波長ごとの強さを測定することで、水分・タンパクの含有率を算出します。

刈取りしながらマルチナビで食味を確認可能

●タンパク ●水分(最新)

●タンパク ●水分(最新)

タンパク含有率と水分含有率の最新値を表示します。
※タンパク含有率は一般的な乾燥水分率15%時のタンパク含有率に換算して表示します。

●タンパク ●水分(平均値)(●穀粒積算重量)

●タンパク ●水分(平均値)
(●穀粒積算重量)

タンパク含有率と水分含有率の平均値を表示します。
※一般のうるち米が対象となります。もち米・低アミロース米などの機能米は、正確に測定できません。

ほ場ごとの収量を測定する

ほ場ごとの収量を測定する

収量センサ

グレンタンクの下にある収量センサにより、グレンタンクに貯まった穀粒重量を測定。ほ場ごとの収量を算出します。傾斜センサとニュー4PCモンローのはたらきにより、重量測定時の機体水平を保ち、正確な収量が測定できます。

刈取りしながらマルチナビで収量を確認可能

●水温 ●シーブ ●穀粒量

●水温 ●シーブ ●穀粒量

エンジンの水温、シーブ上の穀粒、グレンタンク内の穀粒を10段階表示します。

●穀粒 積算重量 ●タンパク ●水分(平均値)

●穀粒
積算重量
●タンパク ●水分(平均値)

収穫した穀粒の積算重量を表示します。

●穀粒重量 ●シーブ

●穀粒重量 ●シーブ

グレンタンク内の穀粒重量とシーブ上の穀粒を表示します。グレンタンク内の穀粒重量は1kg単位で表示するため、穀粒量の把握がより正確に行えるようになりました。

●穀粒重量 ●乾燥重量

●穀粒重量 ●乾燥重量

収量測定スイッチが押されて測定を完了したとき、測定した穀粒重量と、15%の水分で換算した乾燥重量を表示します。

ページトップへ戻る