エンジン

高能率な収穫を実現する。

エンジン

高出力エンジン「V3800」

高出力エンジン「V3800」

高出力エンジン「V3800」

高出力エンジン「V3800」

尿素SCRシステム

DPFを通過した排ガスに尿素水を噴霧することで窒素酸化物(NOx)を浄化し、大気中への窒素酸化物の排出を抑制します。

尿素SCRシステム

ディーゼル微粒子除去装置(DPF)

ディーゼルエンジンの排気ガスに含まれる粒子状物質を捕集し、大気中に排出しないことで、環境への負荷を低減します。 ※DPF搭載機のエンジンオイル交換は、必ずクボタ純正ディーゼルエンジンオイルDH-2をご使用ください。

ディーゼル微粒子除去装置(DPF)

クールドEGRシステム

排出ガスは新気よりも熱容量が高く、温度が上がりにくくなっています。その一部を冷却し再度燃焼室に戻すことで、燃焼温度が下がり窒素の酸化反応が抑制されます。この結果、排出ガスからNOx(窒素酸化物)が低減されます。

クールドEGRシステム

コモンレールシステム(CRS)

燃焼の噴出タイミングと噴射量をきめ細かく制御し、高出力と不完全燃焼によるスス微粒子状物質(PM)の発生を抑えるとともに、ムダな燃料消費を抑えます。

コモンレールシステム(CRS)

走破性

“ゆとり”と“スピード”。高能率作業を実現する。 様々なほ場・作物”へ適応する“ゆとり”と、大容量貯留・高速排出が実現するスピード”が、刈取り作業の中断を最小化し、作業能率を高次元でキープ。

走破性

強化型e-VCCTミッション

トリガーを引いている間は旋回モードを切り換えることができ、旋回がスムーズに行えます。

強化型e-VCCTミッション 画像を拡大

強化型e-VCCTミッション

新型トラックフレーム

強い走行部で過酷な作業をサポートします。大径化したトラックローラ9輪、イコライザ4箇所に進化しました。特にトラックローラ部は、従来機に比べて、耐久性が1.24倍(計算値)に向上しています。

新型トラックフレーム 画像を拡大

新型トラックフレーム

4PCモンロー

4PC・STモンロー

前後・左右の4つのポジションで、車体を水平に保ちます。作業の高速化に対応しSTモンローを搭載。機体姿勢の変化が少なく高精度な作業が行えます。

前上げ

傾斜したほ場進入口で、デバイダ先端がつかえそうになった時、さらにデバイダを上げられるので、刈取りしながらほ場進入でき、能率が向上します。

後上げ

機体が前上がりになる場合も機体姿勢を水平に保ちます。高刈りを防ぎスムーズな刈取りで能率が向上します。

左右

左右のクローラを自動制御。機体姿勢を常に水平に保ちます。

ページトップへ戻る