匠刈り

美しく、能率よく、「匠刈り」 自動運転アシストは、マップ作成と基本設定を行えば、作業面積と収量をリアルタイムに計測し、最も効率的なルートも、最も能率的なターンも、最も合理的な排出も、コンバイン自らが考え、刈取りする。収穫作業はもっとカンタン、もっとラクへ。

匠刈り

手動で刈取り(3周分)同時にマップも作成します。

「自動運転の開始」 運転アシスト開始スイッチ「押」+主変速レバー「前進」

刈取クラッチON/OFF・方向修正・刈取部昇降は自動で行います。

自動で旋回して次の刈取位置へ。

モミ満タンを予測したら設定された排出ポイントに自動で移動します。

匠の中割り

最適な排出タイミングを予測し、中割り位置を決定。

匠の中割り

予め、グレンタンクが満タンとなる面積を計算。これにより「中割り」の位置を決定、タンク満タン分の「ブロック」を作成し刈取りします。
※旋回タイプ「Uターン」を選択時に行います。

最適な排出タイミングを予測し、中割り位置を決定。

最適な排出タイミングを予測し、中割り位置を決定。

予め、グレンタンクが満タンとなる面積を計算。これにより「中割り」の位置を決定、タンク満タン分の「ブロック」を作成し刈取りします。
※旋回タイプ「Uターン」を選択時に行います。

匠の旋回

ほ場条件に合わせて、旋回方式を選択するだけ。ラインシフトで刈取走行ラインの切換え調整が可能。

Uターン

次の刈取位置とあぜ際までの距離により、自動で旋回パターンを選択。
効率のよい刈取作業が行えます。

2Uターン

2Uターン

パターン1 パターン1

パターン2 パターン2

パターン3 パターン3

パターン4 パターン4

αターン

αターンによる収穫を行います。

αターン

αターン

αターン

ラインシフト機能

基準刈取走行ラインと10cm左の刈取走行ラインをラインシフトで切替可能です。

ラインシフト機能

ラインシフト機能

匠の排出

最適なタイミングとルートで、モミを排出。

匠の技・最適排出

グレンタンク内のモミ重量と、コンバインの位置情報および、設定した排出位置から、最適なタイミングとルートで、排出ポイントまで自動で移動。(排出はオペレーターが行います。)
刈取途中でモミ満タンになって、排出のためにほ場を回送することを回避します。

匠の技・最適排出

モンロー右上げ自動制御

刈幅が5条以下になると刈幅によって機体を左に傾けます。右デバイダでワラを引っ掛けることなく刈取りが可能です。

排ワラの巻き込みがありません。

排ワラの巻き込みがありません。

排ワラが巻き込まれます。

排ワラが巻き込まれます。

色んなタイプの基地局が利用可能

色んなタイプの基地局が利用可能 ニーズや環境に合わせて、補正情報の受信方式は3タイプから選択。

クボタ製基地局(別売)

GPS補正情報を移動局(コンバイン)に送信するための、持ち運びができる基地局です。

固定基地局

自治体などが設置した基地局の補正データをデジタル簡易無線機やインターネット回線を利用して移動局(コンバイン)に送信するシステムです。

VRS方式

国土地理院が管理する電子基準点から得たデータを元に、サービスプロバイダがインターネット回線を通じてデータ配信するサービスです。クボタ製基地局のように持ち運び・設置が不要で、固定基地局の有無にも左右されません。
※別途サービスプロバイダとの契約が必要です。

ターミナルモニタ

設定も、カンタン。誰でも、匠刈り。 自動運転アシストの設定は、ターミナルモニタのガイドにそってボタンを押すだけ。旋回タイプ選択、排出ポイント決めればOK。

ターミナルモニタ

運転アシストモードスイッチ

自動運転アシスト機能を使用時に「アシスト」側にする

運転アシスト開始スイッチ

上下同時押しで自動運転アシスト機能を開始する

排出ポイント移動スイッチ

排出ポイントまで移動する

モニタ操作スイッチ

モニタタッチスイッチと同じ操作が可能

方位アイコン

ノースアップ(北が上)とヘディングアップ(進行方向が上)の切換

ほ場レベル表示アイコン

ほ場全体を表示

メッセージ再表示アイコン

メッセージの再表示

GPS測位レベルアイコン

GPS測位レベルを緑・黄・赤・黒で表示

  • GPS測位レベルは安定している。
    (RTK-fix)
  • GPS測位レベルがやや低下しているが、自動運転アシスト機能は使用可能。
    (RTK-fix)
  • GPS測位レベルが安定せず、自動運転アシスト機能は使用不可。
    (RTK-float)又は(単独測位)
  • 測位不能で、自動運転アシスト機能は使用不可。
    (測位不能)

スイッチレイアウト切替アイコン

モニタタッチスイッチの表示/非表示

自動切換スイッチ

画面により自動的に切り換わる

固定スイッチ

現在地、拡大、縮小、次へ、戻る

※⑤~⑪はタッチパネルで操作できます。

機能・装備

自動運転アシストをサポートする機能

ボイスアラーム

自動運転アシスト開始や旋回、バック時に音声でお知らせします。

バックモニタ

安全確認のために常時機体後方の映像を表示します。

収量センサ

モミの重量を計測し、面積あたりの収量をリアルタイムに測定します。

グリップ(左手用)

自動運転中に姿勢保持のため掴むグリップです。ラインシフトの操作も可能です。

シートベルト

コンバイン乗車時のオペレータの姿勢をサポート。

安全機能

自動運転アシスト中に以下の条件を検知すると、走行、刈取・脱こくを自動停止。

  • ほ場最外周(あぜ)への接近
  • 刈取走行ラインからの逸脱
  • 前後左右で一定の傾斜角度を検知
  • ドアの開放
  • シートベルト解除(10秒経過後)
  • クローラのスタック(空転)
  • GPS測位レベルの低下

自動運転アシスト機能を使用できる条件

ほ場条件

  • ①対象作物:稲、麦( ただし、倒伏角度30°以下)※図1
  • ②ほ場の種類:片足沈下量10cm以下(作業経路内に鉄塔等の障害物がない)
  • ③ほ場形状:四角形のみ※図2
    障害物等によりL字やコの字になっているほ場、カーブによる異形ほ場は対象外
  • ④面積:1ほ場あたり最大5ha(マップ作成のシステム上、5ha以上は不可)
  • ⑤傾斜:自動走行中、前後左右の傾き5°未満であること

クボタ製基地局を使用される場合

  • ①GPS基地局の設置位置からGPS移動局までの距離が500m以内であること ※図1
  • ②一箇所に設置したGPS基地局を使用し、複数のほ場で作業を行なう場合は、作業を行なう ※図2
    ほ場最外周部がGPS基地局を中心に半径500m以内にあること
  • ③障害物(建物や木々等)がない、見通しの良い環境に設置すること ※図3
  • ④高低差:高低差が大きい場所ではGPS基地局との通信に障害が出るおそれがあります

自動運転アシスト機能を安全に使っていただくために

  • 自動運転アシスト機能は、運転者が責任をもって前方及び周囲を監視し、安全確認を行うことを前提に、ほ場内での作業を支援する機能であり、運転者に代わって本製品が安全な自動運転を行うものではありません。
  • 自動運転アシスト機能は、前方不注意・後方不注意による危険を回避する機能はありません。
  • 条件(圃場条件、作物条件、天候、電波状態等)によっては、自動運転アシスト機能が正常に作動しない場合もあります。
  • 自動運転アシスト機能の操作方法や重要な注意事項などが記載されていますので、ご使用前に必ず取扱説明書と機械に貼付されている安全ラベルをお読みください。

ページトップへ戻る