食味・収量センサ

高精度作業を叶える「力」 ICTによる「見える化」で、作物品質の向上に挑戦する。

食味・収量センサ

こく粒の水分とタンパク率を測定

食味センサ

収穫作業と同時に水分含有率とタンパク含有率を測定するので、水分含有率やタンパク含有率ごとの仕分け乾燥が行えます。また、測定データは次年度の施肥設計に活用できます。

刈り取りしながら食味を表示可能

ほ場ごとの収量を測定

収量センサ

グレンタンク内のこく粒重量を計測し、堆積レベルを10段階で表示します。ほ場ごとのこく粒重量を把握できるので、次年度の施肥設計に活用できます。

刈り取りしながら収量を表示可能

更なる精密農業に新しい「力」

ほ場内の食味・収量を「見える化」

食味・収量メッシュマップ

高精度なGPSユニットと新開発のこく粒流量センサにより、食味・収量を細かく測定し、メッシュ(網目)単位で表示します。ほ場内のバラツキを把握できるので、翌年のほ場改善に役立てることができます。メッシュ一辺の長さは、5m、10m、15m、20mから選択可能です。 ※食味・収量メッシュマップの閲覧にはKSAS営農コースへの加入が必要です。

※一般の食用米が対象となります。もち米・低アミロース米などの機能米は、正確に測定できません。※収量センサの精度については、収量±5%(グレンタンク容量500kgの場合)、食味センサの精度については、水分含有率は概ね±1.5%、タンパク含有率は概ね±0.5%以内の精度となる様、設計していますが、ほ場・作物条件によって、これらの精度から外れる場合があります。※(ディオニスPF仕様の)食味センサより得られるタンパク値は、ほ場毎に施肥設計して食味と収量を改善するために活用し、個人販売することに役立てることができますが、従前の集荷機関・業者・団体がある場合は、測定条件・環境により測定値が異なる場合があるため従前の集荷基準を優先願います。※食味センサは、光学精密部品を使用しているため、毎年シーズン後に定期メンテナンスが必要です。定期メンテナンスについては、お取引先ディーラー及びJAまでご相談をお願い申し上げます。

KSAS

KSAS対応の農機と連動することで、品質向上への取り組みをサポート。

高品質化と収量安定化のPDCAサイクル

食味・収量セン食味・収量センサ付コンバインで、圃場のタンパク値・水分・収量データを収集。そのデータに基づき、翌年度、圃場ごとに改善計画を立てます。施肥計画については、施肥量電動調量田植機・トラクタ(+車速連動インプルメント)を使い、圃場ごとに施肥を実施します。このサイクルを繰り返すことで、品質・食味の向上と安定化をサポートします。

KSASについて詳しくはこちら

直接通信ユニット搭載

直接通信ユニット搭載機でできること

ディオニスシリーズは直接通信ユニット(通信端末)を搭載しており、機械の位置情報・稼動情報を活用したサービスがご利用いただけます。メインスイッチを入れる(キーON)だけで機械の状態が自動でKSASクラウドに送信されます。

“MY農機”でお客様の日々の作業をサポート

”MY農機”とは、機械の位置情報や稼動情報など様々な情報が、お持ちのスマートフォンやパソコンで簡単に選択できるサービスです。

“MY農機”でできること ①作業の進捗状況や、機械の状態が分かります
②作業の振り返りや、改善点の検討が行えます
③セルフメンテナンスに役立つ情報を提供します

注) サービス開始予定 :
スマートフォン 2019年5月 パソコン 2019年9月
注) 型式・シリーズによって表示される情報は異なります。

クボタグループがシーズン中の順調稼動をサポート

お客様の機械の位置情報と稼動情報を共有することにより、以下のサービスが受けられます。

①よりスムーズなサービス対応
②緊急情報のお知らせ
③メンテナンスのご提案

※上記サービスをご利用頂くにはコンバインに同梱されている「サービス利用同意書」に同意・提出頂く必要があります。また、本サービスの利用は無償ですが、スマートフォン・パソコンに関する通信料はお客様のご負担となります。

いつも通り作業するだけで自動で日誌作成※KSAS営農コース(有料)

KSAS営農コースで、圃場及び作付計画を登録し、ディオニスシリーズで作業をすると、自動でKSAS営農支援システムに日誌が作成されます。(圃場でのスマホ操作が不要になりました。)

スマートフォンやパソコンで日誌を作成する手間が省けます。

KSASについて詳しくはこちら

ページトップへ戻る