食味・収量センサ

高精度作業を叶える「力」 ICTによる「見える化」で、作物品質の向上に挑戦する。

食味・収量センサ

こく粒の水分とタンパク率を測定

食味センサ

収穫作業と同時に水分含有率とタンパク含有率を測定するので、水分含有率やタンパク含有率ごとの仕分け乾燥が行えます。また、測定データは次年度の施肥設計に活用できます。

刈り取りしながら食味を表示可能

ほ場ごとの収量を測定

収量センサ

グレンタンク内のこく粒重量を計測し、堆積レベルを10段階で表示します。ほ場ごとのこく粒重量を把握できるので、次年度の施肥設計に活用できます。

刈り取りしながら収量を表示可能

食味・収量メッシュマップ

更なる精密農業に新しい「力」

ほ場内の食味・収量を「見える化」

食味・収量メッシュマップ

高精度なGPSユニットと新開発のこく粒流量センサにより、食味・収量を細かく測定し、メッシュ(網目)単位で表示します。ほ場内のバラツキを把握できるので、翌年のほ場改善に役立てることができます。メッシュ一辺の長さは、10m、15m、20mから選択可能です。 ※食味・収量メッシュマップの閲覧にはKSAS営農コースへの加入が必要です。

収量センサについて

収量センサの精度は、測定重量500kg以上の場合±5%ですが、測定条件や収穫条件の違いにより、これらの精度から外れる場合があります。

食味センサについて

  • 一般のうるち米が対象となります。もち米、低アミロース米などの機能米は、正確に測定できません。
  • 食味センサの測定値は、測定条件や品種・作物生育の違いにより、従前の集荷機関・業者・団体による測定値と異なる場合があります。その際は、必要に応じて食味センサの 測定値を集荷機関などの測定値に補正(※)してご利用ください。食味センサの精度は補正後の値に対して、水分含有率は概ね±1.5%、タンパク含有率は概ね稲は±0.5%、 麦は±1.0%以内になるよう設計しています。(※)KSAS営農コース加入者は「作付計画」の基準値変更で補正を行うことが可能です。

食味センサは、光学精密部品を使用しているため、毎年の定期メンテナンスを推奨しています。定期メンテナンスについては、お取引先ディーラー及びJAまでご相談をお願い申し上げます。

ページトップへ戻る