130周年アニバーサリー機 ER215-SP・ER217-SP

ボタン1つで、刈取りスタート!

楽刈ボタン

ボタンをポンッ!と押すだけで、刈取準備が完了!

ボタン1つで、刈取りスタート!

今までは4つの操作⇒これからはボタン1つでOK!

OKランプ

楽刈ボタンを押した後、刈取りの準備が完了するとランプが点灯。安心して作業を始めることができます。

OKランプ

刈り方自由自在。どこからでも気軽に刈れる!

2条全面楽刈

2条全面楽刈

全面楽刈とは

クローラの右端と、右デバイダ先端までの距離(右踏代)を100mm未満にすることにより、中割り、斜め刈り時、未刈り株の踏み倒しを防止します。

※標準クローラの場合

Wツインローラ

左右の刈取部にローラを2つ装備し、引起し爪の作用範囲を広くしました。それによりワラが刈取部に流れやすくなり、倒伏時などの拾い残しを防止できます。

突っ込み抑制、刈り跡キレイ

楽刈フィット

レバー操作もカンタン!
突っ込みの心配が減りました!

楽刈フィット

楽刈フィットとは

デバイダ下部に装備した「ソリ」の効果により刈取部の接地面積を広げ、地面にかかる刈取部の圧力を分散させ、さらに刈取部を支える「サポートスプリング」の効果により、地面にかかる刈取部の荷重を軽減させることで刈取部の地面への突っ込みを抑制する機能です。

※楽刈フィットは乾田で効果を発揮する機能です。
ほ場の条件により効果は異なります。

刈取部を降ろすだけで刈取部が地面に追従、
レバー操作を大幅軽減!

従来機で頻繁に行っていた刈取部の高さ調整のレバー操作回数が大幅に減るので、作業がラクに行えます。

  • 主要諸元 PDF
  • カタログ PDF

ページトップへ戻る