MAFFアプリ情報|みんなの農業広場

提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

MAFFアプリ情報


【安全対策】バックホウの作業に注意! (11月に発生した農作業死傷事故について)

2022.01.09



令和3年11月に発生した農作業死傷事故について紹介します。

<11月に発生した農作業死傷事故:17件>
農業機械作業に係る死傷事故:16件
  うち 乗用型トラクター  4件
      歩行型トラクター  3件 ほか

その他の死傷事故 :1件
   
<今月のワンポイント>
○ 11月は17件の農作業中の死傷事故が報告され、このうち4件が死亡事故でした。

○ 農閑期に入り事故報告数は減りましたが、これからの時期は水路や農道の整備を行うことが増えるため、今回報告された事故のうち、バックホウで水路の泥上げ作業中に転倒し、尊い命が失われた事故に注目したいと思います。
 
○ バックホウで走行する際は必ずアームを下げ、不整地では低速で走行し、緩やかな斜面であっても直角方向に進入・退出してください。
 
○ また、掘削作業の際にアームに下向きの力を無理に加えると、機体の後方が浮き上がり非常に危険です。焦らず余裕をもって作業を行うよう心掛けましょう。

○ 国土交通省の重機事故の報告(建設工事事故のデータベースシステム)によると、重機事故の内訳で最も多いのは、土木重機(バックホウ等)と作業員の接触であり、旋回作業の事故に比べて「前進」や「後進」の事故発生率が大きくなっています。2人以上で組作業を行う場合、バックホウの作業エリアに侵入する際は、オペレータに合図して停止を確認してから接近することを徹底しましょう。


情報元

農林水産省


関連記事


この記事は、農林水産省政策情報APIを利用して取得した情報をもとに作成していますが
サービスの内容は農林水産省によって保証されたものではありません。