KSASなら操作も簡単! スマホの活用で効率アップ!

岡山県 F様

課題

・他社ソフトを使っていたが、自分たちだけで使いこなせなかった。
・機械の作業が終わるのを確認するまで、次の作業ができず効率が悪かった。

成果

・KSASなら圃場の登録から作業指示を出すまで自分たちで操作できた
・スマホで位置情報がすぐにわかり、作業効率が向上した

【岡山発信】 簡単! スピードアップ! KSASに乗り換えたワケ

これなら使える!簡単登録

KSAS入会のきっかけは、「KSAS通信」を見てこれならウチでも使えるんじゃないかと思い、入会を決めました。実はそれまで他の営農システムを入れていましたが、農業簿記と地図をリンクさせていくのが自分たちでは難しかった。KSASは自分たちだけで圃場登録から作業指示までできた。
 今はスマホ4台で作業者とやり取りしています。これは便利ですね。臨時雇用や新人でもスマホがあれば、今日やらないといけない圃場が分かる。以前臨時雇用の作業者が3日間一度も事務所に立ち寄らないで心配しましたが、ちゃんとスマホの作業指示通りやっていました。

他の営農システムも経験され結局KSASにたどりつかれた。

能率アップ! スマホ威力発揮

スマホの効果は他にもあります。WCS(ホールクロップサイレージ)用稲の刈取りをやっていますが、コンバインとラッピングマシーンの2台で作業をします。今まではラッピングマシーンの作業が終わるまでコンバインは次の圃場に行けない。スマホを持つようになってからは、刈取り終えたらコンバインは次の圃場に行ける。ラッピングマシーンはスマホでコンバイン作業者の位置を確認し追いかけて行ける。(図2)作業効率が良くなりました。

請負作業請求日誌を活用

特に使っている機能は「作業指示」「作業記録(日誌)」「作業実績」「作業進捗」です。とりわけ「作業記録(日誌)」は請負作業の請求時に圃場情報と合わせて活用しています。(図1)また前年の実績、何をどのくらい作ったか、何月までにどの作業をどれだけやったか(肥料、農薬をいつ頃、どれだけ入れたか)、今年の作業は早いか遅いかなど、過去の日誌で把握できるので助かります。

スピードアップ!作業計画入力

「作業計画(作業指示)」を立てるのがめちゃくちゃ早くなりました。地図上でポンポンポンって選んで入力。今までだったら品種が変わればパソコンで全部打替えていましたから…。KSASだと新たに入力することがあまりなく従来の表の組替え、入替えだけでいける。

作業計画を立てるのが早くなった!!

※取材当時の内容をそのまま掲載しているため、現在のKSASとは異なる点もございます。ご了承ください。

まずはお気軽にKSASサービスデスクへご相談ください

注目の記事

よく一緒にみられている情報