お客さまの声

農業ソリューション製品サイトトップ > 営農情報 > 鉄コの教室 > お客さまの声 > 2回目の雑草防除は、時期を見極め適期に散布することが肝心!

2回目の雑草防除は、時期を見極め適期に散布することが肝心!

  • 福岡県京都郡みやこ町 / 山下成子さま
  • 移植2ha/鉄コーティング直播栽培2ha(にこまる)/飼料稲1ha
  • 栽培管理
  • 福岡県
  • 山下成子さま
  • 2013/06/11

額縁明きょのお陰で、ジャンボタニシの被害を軽減できました

今年は、例年に比べてジャンボタニシが異常発生しているようです。5月26日に溝切り作業をした後に、額縁明きょの中にジャンボタニシが集まっていたので、すぐにジャンボタニシを防除するスクミノンを散布しました。散布して何日か後、大雨が降ったことがあって田んぼが水に浸かり、溝の深さが浅くなってしまいましたが、被害を何とか最小限に抑えることができました。

また、田んぼが乾いてヒビが入らないよう、水を入れたのですが、その時も額縁明きょに自然に水が流れ込むので、そこにジャンボタニシが集まって、田んぼの中までは入ってこないんですよね。もし、これでジャンボタニシ対策をしてなければ、大変なことになっていたと思います。やはり、額縁明きょは必要だと感じましたね。

 fukuoka_5_p1    fukuoka_5_p2
 fukuoka_5_p6    fukuoka_5_p3
 fukuoka_5_p5    fukuoka_5_p4

 

 雑草を生やさないために、除草剤散布時期を逃さないことがポイント

播種してから2週間経ちますが今年は、除草剤がよく効いていますね。大きな雑草は生えていませんが、ヒエなどがそろそろ生えてくる時期だということで、今のうちに除草剤を散布した方が良いというアドバイスを受け、2回目の除草を行いました。やはり、除草剤散布は、散布時期を逃さないようにすることが、雑草を生やさないポイントですね。除草剤を散布した後は、水を入れて除草剤をよく効かせるようにします。

播種してから比較的天気も安定していたので、今年は成長も良く、良好な生育ぶりです。今後も水管理をポイントにして、間断かん水を行い、生育を見守りたいと思います。

 fukuoka_5_p7    fukuoka_5_p8
 fukuoka_5_p9    fukuoka_5_p10

 動画2.jpg

  • 栽培管理
  • 福岡県
  • 山下成子さま
  • 2013/06/11
  • 前の記事へ
  • 記事一覧へ
  • 次の記事へ

ページトップ