お客さまの声

農業ソリューション製品サイトトップ > 営農情報 > 鉄コの教室 > お客さまの声 > ジャンボタニシを集めるための額縁明きょを残して、代かきを行い圃場を均平にすること。
これが代かきのポイント!

ジャンボタニシを集めるための額縁明きょを残して、代かきを行い圃場を均平にすること。
これが代かきのポイント!

  • 福岡県京都郡みやこ町 / 山下成子さま
  • 移植2ha/鉄コーティング直播栽培2ha(にこまる)/飼料稲1ha
  • ほ場準備
  • 福岡県
  • 山下成子さま
  • 2013/05/25

一番のコツは、圃場を均平に均すことです!

鉄コーティング直播は、移植と比べて圃場を均平にすることが、ポイントです。ですから、代かきをする時には、圃場に高い所と低い所がないように、気を付けました。やはり低い箇所があると、水が溜まりますから、そこへジャンボタニシが集まってくるんです。集まってこないようにするためにも、高低差がないようにすることです。

また、水が溜まってしまうと、なかなか水が引かないんです。水溜まりがある場合、出芽した時に温度が高ければ、種が煮えたようになって、生育が揃わないので、とにかく圃場を均平に均すということが一番だと思いますね。

 fukuoka02_p1    fukuoka02_p2

 

土を練り過ぎないよう、作業幅が広い代かきハローを使っています

以前は普通のロータリで代かきをしていましたが、最近はずっと作業幅が広い、代かきハローを使っています。どうしても、代をかく幅が狭いと何回も同じ箇所を通るようになって、圃場を練り過ぎてしまい、柔らかくなるんです。鉄コーティング直播は、土の上に播きますから、土壌が柔らか過ぎると、土の中に種が埋まって、出芽が揃わないのも困りますからね。1回で均平な圃場に仕上げること、これが代かきのポイントですね。

 fukuoka02_p7    fukuoka02_p4

 

ジャンボタニシ対策用の額縁明きょは残して、代かきをします!

代かき前に、圃場周囲に溝を切りましたが、その溝にジャンボタニシを集めたいので、額縁明きょは残して代をかきました。去年は、溝を潰したくないために、額縁明きょをしたすぐ横の箇所まで、代をかかなかったんですが、そこに雑草が生えてしまって・・・。そうなると、雑草が邪魔をして、なかなか排水ができなかったので、今年は工夫をして、代かきハローの横に付いている、延長レベラーが額縁明きょのすぐ横を通るような形で、代かきをして雑草を生やさないようなやり方を試しました。今年はうまい具合に、播種にぴったりな圃場に仕上げられたと思いますよ。

 fukuoka02_p5    fukuoka02_p6

 toranomaki_fukuoka_2

 動画2.jpg

  • ほ場準備
  • 福岡県
  • 山下成子さま
  • 2013/05/25
  • 前の記事へ
  • 記事一覧へ
  • 次の記事へ

ページトップ