1. HOME
  2.   >  最新技術実証
  3.   >  鉄コーティング直播のさらなる省力化に挑む! アグリロボ田植機を活用した2台同時作業を実証

鉄コーティング直播のさらなる省力化に挑む! アグリロボ田植機を活用した2台同時作業を実証

最新技術実証2021/08/02

新潟県

クボタソリューションレポート

令和3年度全国農業システム化研究会現地実証調査

〜鉄コーティング直播のさらなる省力化に挑む! アグリロボ田植機を活用した2台同時作業を実証〜

鉄コーティング直播のさらなる省力化に挑む! アグリロボ田植機を活用した2台同時作業を実証

 新潟県新発田農業普及指導センターは、全国農業システム化研究会現地実証調査の一環として、5月10日、新発田市にあるアドバンファームしばたのほ場で、アグリロボ田植機(有人監視下の自動運転)による鉄コーティング直播の播種作業を行いました。

アグリロボ田植機等の活用による
鉄コーティング直播栽培の省力・安定栽培の実証

 新潟県新発田農業普及指導センターでは、令和2年度より、アグリロボ田植機をより省力的に活用するため、苗補給の不要な鉄コーティング直播を組み合わせた「アグリロボ田植機等の活用による鉄コーティング直播栽培の省力・安定栽培」の実証に取り組んでいます。今回の実証は、連坦した1haのほ場で、ワンオペレーション(以下ワンオペ)による有人田植機(直進キープ機能付田植機)と無人田植機(アグリロボ田植機)の2台同時作業を行い、春作業の一層の省力化を検討しました。

実証調査の目的
 稲作の一層の省力化及び安定生産による、規模拡大と経営の安定化のために、①アグリロボ田植機による省力・低コスト化の検証、②KSASリモートセンシング及び食味・収量センサ付コンバインによる生育ムラの把握、これらのデータを基に次年度生産においてアグリロボ田植機による可変施肥(基肥)を活用し、収量及び品質・食味の安定生産技術体系を検証します。

2種類の作業パターンを実証
 今回の実証では、1ha区画の連坦ほ場で、有人田植機(直進キープ機能付田植機NW8S-GS)と無人田植機(アグリロボ田植機NW8SA)の2台を使用し、①運転者1人、補助者1人の2人体制による2台同時作業、②運転者1人のワンオペによる2台同時作業(注)の2種類の作業パターンで播種作業を行い、作業時間、播種精度を調査しました。
注)アグリロボ田植機の操作は、クボタスタッフが対応

実証担当者の声

画像を拡大

アグリロボ田植機を活用した鉄コ直播による低コスト安定栽培を実証
 今回の実証は、無人のアグリロボ田植機を活用した鉄コーティング直播栽培による低コスト安定栽培です。有人機と無人機の2台の田植機をワンオペで動かす効果として、効率的な作業ができています。実際に実証してみて、アグリロボ田植機をいかに効率的に作業させるかが課題で、停止時間を少なくする工夫が必要だと感じました。

画像を拡大

1人で2台の田植機を同時に動かす作業体系を大規模経営体で検証
 本来であれば2人で田植機2台で行う作業を、1人で2台の田植機を動かし、その作業体系が、アドバンファームしばたさんの経営で活用できるのかどうかを検証する目的で実証を行いました。実証してみて、アグリロボ田植機は、優れた直進性、滑らかなターンが、GPSとICTによって、実際にできていることを感じました。外周については、より効率性を高めれば作業効率が上がると感じています。

実証農場紹介:低コスト稲作と園芸複合化に取り組むアドバンファームしばた

 実証に取り組むアドバンファームしばたさんは、本間代表以下、若い社員が活躍する稲作+園芸(施設+露地)の大規模複合経営体です。2020年から2021年にかけて9ha経営規模が拡大し、水稲の栽培面積が100haを超えています。水稲栽培は、8品種+鉄コ直播+密播で、作業時期を分散し、育苗ハウスのスペースを増やさないように工夫し、園芸にも力を入れています。
 本間代表は、鉄コーティング直播を、2021年には12haに拡大して取り組む中、さらなる省力化を目指して、今回の実証に参画。アグリロボ田植機を活用したスマート農業技術体系に期待しています。



画像を拡大

条件の良いほ場であれば、有人機+無人機の組み合わせも有効
ワンオペでの2台同時作業は、疲労感もそれほどありません。

 「昨年、アグリロボ田植機による鉄コーティング直播の実証に取り組み、まっすぐ、点播、表面播種という望ましい鉄コーティング直播を体感しました。本年は、さらにワンオペで2台の田植機を動かすという実証調査に参画しています。鉄コーティング直播であれば1ha区画ほ場でも1回の種子補給で済み、ワンオペで有人機を作業しながら無人機を同時に動かすことは、有人機も直進キープ機能が付いているので、疲労感もそれほどありません。私のところでは、100haの作業を常時2台の田植機で作業を行っていますが、条件の良いほ場(1haで連坦化)であれば、有人機+無人機の組み合わせも有効で、圃場整備が進めば、さらに効率的な作業が可能になると思います」

画像を拡大

スマート農業実証プロジェクト 現地レポート!(PDF)のダウンロードはこちら


▶鉄コサイトはこちら
▶NW8SAサイトはこちら
▶お問い合わせはお近くのクボタのお店まで

LINEで送る
ツイート
Facebookで記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加