トラクタの作業機脱着の安全ポイント お気に入りに追加
お気に入りに追加

秋おこしでトラクタが活躍する季節ですね。トラクタは、様々な作業機を組み替えることで、多彩な作業が可能となりますが、作業機を組み替える際は、挟まれや巻き込まれに十分な注意が必要です。順調に作業をするための安全ポイントを紹介します。

トラクタ事故発生時の状況別割合

トラクタでの事故で、実は最も発生の割合が高いのは、準備・整備時で、その中でも、『作業機の付け替え』時に事故が多く発生しています。
移動中やほ場での作業中だけでなく、作業前の準備段階から、事故のリスクを意識し注意深く作業する必要があります。

トラクタ事故発生時の状況別割合

作業機連結時の安全作業のポイント

①安定した状態にセットする

狭い倉庫の中や、傾斜のある場所での作業は事故の元です。安全に作業機の付け替え作業ができるように、以下3つのポイントを押さえて、安定した状態で作業を開始しましょう。 

●広い平坦地で停車し、駐車ブレーキをかける
●PTOを中立にする
●ロータリにキャスタスタンドをセットする

作業機連結時の安全作業のポイント①(ロータリにキャスタスタンドをセットする)

②作業者と機体の不意な衝突を防ぐ

作業機の連結時、トラクタと作業機の間に人がいると、挟まれの原因となります。非常に危険ですので、以下2点のポイントを守って作業をしてください。 

●トラクタと作業機の間に立たない
●二人作業の場合は、お互いに合図しあい、注意して作業する

作業機連結時の安全作業のポイント②(安定した状態にセットする/作業者と機体の不意な衝突を防ぐ)

③脱着による車体のバランス変化に注意し、作業機装着時は確実にロックする

  ●前輪の負担荷重比:20%以上が基準

作業機連結時の安全作業のポイント③(脱着によるバランスの変化に注意する)

オートヒッチ装着時、および直送式の作業部装着時の留意点

● ユニバーサルジョイントを接続する時は、必ずエンジンを止める
● リンク止めピンや、ジョイントのロックピンを確実にセットする
● ジョイント角度が合わない時はジョイントに手が挟まれない様、慎重に合わせる
● ユニバーサルジョイント内に指は入れない

作業機装着部(オートヒッチ/ユニバーサルジョイント/3点リンク)について

トラクタの安全作業に関する資料のご紹介

安全チラシ・安全動画

安全ポイントをまとめたチラシ(A4表裏)・安全動画をご用意しています。
チラシはダウンロードも可能ですので、出力して掲示するなど、ぜひご活用ください。

安全な農作業のキホン<作業機脱着トラクタ編>チラシ

まとめ

トラクタの作業機脱着の安全ポイントをご紹介しました。
トラクタは、ほぼ通年で稼働する機械です。普段使い慣れているからと油断せず、準備の段階から事故のリスクを回避するように意識しましょう。また、取扱説明書をよく読んで、メンテナンスも忘れずに。
それでは今日もご安全に!

関連製品

よく一緒にみられている情報

注目の記事

“旬”なキーワード