今年も稲の収穫シーズンが近づいてきました!安全に、そして順調に収穫作業を進めるため、車体が傾きやすい、死角が多いなどのコンバインの機械特性を理解した上で、安全作業のポイントを再確認しておきましょう。特に「周囲の安全確認」と「転倒・転落」への注意が重要です。順調稼働のための掃除や点検も忘れずに。実り多き収穫になりますように。

事故が起きやすいポイント(コンバインの機械特性)

①車体が傾きやすい

出典:農林水産省「農作業死傷事故」

クローラ式のコンバインは、ホイル式のトラクタに比べて小さな段差でも車体が大きく傾いたり振れやすい特性があります。

②死角が多い

出典:農林水産省「農作業死傷事故」

運転席からの死角が大きく、特に後ろが見えにくくなっています。

作業時のチェック項目~事故を起こさないために~

①周囲の安全確認を行う

・作業時は運転者以外はほ場に入らない
・始動時や操作切り換え時は、ホーンを鳴らし周囲に合図

②転倒・転落に注意し、危険を事前に回避する

・移動前にもみを排出  
・急旋回は避ける
・路肩を草刈りして、危険箇所にポールを立てるなど対策を実施
・路肩から十分な距離をとって走行

③死角も意識したうえで、十分に注意・確認をして後進する

・後方に人や障害物、段差がないかを十分に確認
・バックミラーや目視でも後方確認し、低速で後進する
※補助者がいる場合は確認してもらう

④手こぎ作業は、正しい作業位置や服装で実施する

・フィードチェーンに巻き込まれないよう、袖口を締めて、手袋は外す
・刈取部を下げて、チェーンの外側で作業する

コンバインの安全作業に関する資料のご紹介

安全チラシ・安全動画

安全ポイントをまとめたチラシ(A4表裏)・安全動画をご用意しています。
チラシはダウンロードも可能ですので、出力して掲示するなど、ぜひご活用ください。

安全な農作業のキホン<コンバイン編>チラシ
農作業安全動画

まとめ

コンバイン作業の安全ポイントをご紹介しました。
機械特性を踏まえた安全ポイントは「転倒・転落」と「周囲の安全確認」です。
また、取扱説明書をよく読んで、メンテナンスも忘れずに。
「コンバインの順調稼働と安全作業のための点検・掃除ポイント」のニュースも、ぜひ再度ご確認ください。
それでは今日もご安全に!

注目の記事

“旬”なキーワード

よく一緒にみられている情報