1. HOME  >  
  2. クボタニュース  >  
  3. オペレータも補助者もラクに! アスウェルはお客様の「農業を続けたい」気持ちを応援します!

クボタ田植機アスウェル 

〜オペレータも補助者もラクに! アスウェルはお客様の「農業を続けたい」気持ちを応援します!〜

オペレータも補助者もラクに! アスウェルはお客様の「農業を続けたい」気持ちを応援します!

簡単に安心して田植えを行いたい、小規模農家の皆さまのニーズに応える「アスウェル」。農業を続けたいお客様の想いにアスウェルは、どう応えることができるのか。92歳のお父様と二人三脚で農業に取組むお客様に試乗していただき、お話をお伺いしました。

ほんのちょっとのことだけど、これで植付けがすごくラクになる!

 静岡県田方郡函南町で、水稲80aを栽培する廣田 巌さん。高齢のお父様と二人で作業されるため、「とにかくラクに田植えをしたい」思いが人一倍あります。そんな廣田さんがアスウェルに試乗して「これはラクになる!」と強く実感されたのが、植付けに関することです。

 「作業中、植付けができているかどうか気になって、ついつい後ろを振りむくことがあって...」。そうなると操作に集中できず、条が曲がることもあるそうです。「でも、これは前のマスコットに青いランプが点くことで、植付けがちゃんとできていることが分かるんです。だから今日は後ろを見る回数が少なかったんじゃないかな?ほんのちょっとのことだけど、これの役割は大きいと思います」。

 植付けをラクにする機能は、他にもあると廣田さん。「植付部の上げ下げや、マーカの出し入れも全部、手元にあるレバー1本でできちゃうのが良いですね。しかも、指先で軽くレバーにタッチするだけでいいんだから、本当にラクだね」。

高齢だから、安心して使えるものじゃないとね

 廣田さんの圃場は幅の広い用水路に接するため、無理をすると足を踏み外す危険性も。お二人ともご高齢ということもあり、その危険性はさらに高まります。「こういう圃場では苗の補給も一苦労で、苗載せ台が長くないと届かないんです。でも、これは長いレールに切替えができるから、用水路越しの苗補給もこれで一安心だね」。

 アスウェルで作業する様子を開近で見ていた巌さんのお父様、和夫さんは、「今はキー操作でエンジンをかけていますが、この新しい田植機は、ブレーキペダルを踏み込んでレバーを動かすだけで、エンジンが再始動できるからラクだね。なんでもラクなのがいいんですよ」。煩わしい操作を必要としない点に価値があると言われます。

 「昔と違って今はそんなに骨は折れないですね。こういう機械があるおかげで、田植えがラクになりますよ」と話す和夫さん。そんなお父様の姿を間近で見て、「近所では作業を人に頼む方も増えていますが、まだ私は自分で頑張りたいです!」と、意気込む巌さん。廣田さん親子の農業を続ける原動力に、アスウェルが力になれることも多そうです。

ASWEL
モニターユーザーインタビュー


▶クボタ田植機アスウェル 製品情報はこちら
https://agriculture.kubota.co.jp/product/taueki/aswel/
▶クボタ田植機アスウェル YouTube動画集はこちら
https://www.youtube.com/playlist?list=PLZz2I7oJRhympZbSFyAsoDfAJpn65EDOS
▶お問い合わせはお近くのクボタのお店まで
https://jp.locator.kubota.com/#Japan

LINEで送る
ツイート
Facebookで記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページトップへ

menu

menu