1. HOME
  2.   >  インタビュー
  3.   >  高度なテクニック不要。直進操舵のストレスからも解放! 「直進キープ」で田植えは、ここまでラクになる

高度なテクニック不要。直進操舵のストレスからも解放! 「直進キープ」で田植えは、ここまでラクになる

インタビュー2020/03/06

新潟県

クボタ田植機ナビウェル スペシャルクラス

〜高度なテクニック不要。直進操舵のストレスからも解放! 「直進キープ」で田植えは、ここまでラクになる〜

高度なテクニック不要。直進操舵のストレスからも解放! 「直進キープ」で田植えは、ここまでラクになる

高齢化による離農や委託の増加により農地を担い手が引き受け、規模拡大が加速するなか、労働力の確保が喫緊の課題となっています。しかし作業によっては、熟練したテクニックを要するものもあり、高い精度を求められる田植作業もその一つです。人員確保のハードルにもなっているこの課題を、「ナビウェル」はどのように解決できるのか。日本有数の米どころ、新潟県のお客様にお話をお伺いしました。

苦手だった田植作業。これなら自分でもキレイに植えられる!

 新潟県西新発田市の農事組合法人 中曽根営農組合の松川さんは、田植機に乗り始めて5年目の若手オペレータです。「できるだけ、まっすぐ植えようとするんですが、集中しすぎてハンドルを持つ手に力が入り、どうしても歪むこともあって...」。運転操作に苦手意識を持つと言います。

 「でもこの田植機で植えると自分が植えるより、まっすぐでキレイで。もうビックリしたんです!身体もラクだけど、自分の場合は気持ちの方がラクになった。プレッシャーもなくなったかな」。松川さんの仕事ぶりを見た組合の代表理事、野俣さんは「精神的な疲れがないというのが、作業を終えたあとの彼の顔つきを見て分かります。これなら経験の浅い若手でも、操作を覚えれば充分対応できますね」。操作指導の負担もこれなら減らせると期待します。

 直進キープ機能の利点は、まだあると言う松川さん。「圃場によっては土の状態が違うので、必要に応じて植付け深さなどを調節する必要があるんです。そういう時は後ろを振り返って、植付け状態をチェックしますが、必ず条が曲がっちゃう。でも、これはハンドル操作を機械に任せられるでしょ。作業中でも田植機を止めることなく、すぐに適切な植付け深さに設定を変えられるから、植付精度にバラつきが出ないんです」。直進キープ機能があるからこそ能率も上がり、精度の高い田植えが可能になると言います。

画像を拡大

もう後戻りできない。
「直進キープ機能」付きの田植機じゃないと、田植えはイヤだね

 「直進キープ機能なんてもの、最初は要らないと思っていたんです。ところが植えてみれば、自分が植えた田んぼと見比べてみてもキレイだし、まっすぐ植わっているのを見ると、なんて気持ちが良いんだろうと」と笑顔で話すのは、新潟県柏崎市で水稲20haを栽培する重野さん。

 「はたから見ると田植えって、機械に乗っているからラクに見えるようだけど、実は結構、神経を使うんですよね。だから終わったあとは、いつもクタクタで」。田植えが長期になればなるほど、疲労が蓄積し集中力も落ちます。

 「ナビウェルに乗って分かったのは、まっすぐ植えていくための機能だけじゃなくて、ラクに作業するための直進キープ機能なんだっていうこと。これで植えると、もう直進キープじゃないとイヤみたいな(笑)」。疲れを残さずシーズン中、最後まで能率を落とさず、精度よく田植えができるとなれば、作業にゆとりが生まれ規模拡大も可能になります。

 「これは本当に色々考えられている。田植機の理想のカタチかな」と重野さん。まっすぐに田植えしたい松川さん、ラクに田植えをしたい重野さん、お二人の想いにナビウェルの『直進キープ機能』が力強く応えていました。

画像を拡大

▶クボタ田植機ナビウェル 製品情報はこちら
https://www.jnouki.kubota.co.jp/product/taueki/special/naviwel/
▶クボタ田植機ナビウェル YouTube動画集はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=K7u2SJdwaPg&list=PLZz2I7oJRhykq-eJHGzdRAxghZEwhPZY9&index=4
▶お問い合わせはお近くのクボタのお店まで
https://jp.locator.kubota.com/#Japan

LINEで送る
ツイート
Facebookで記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加