1. HOME
  2.   >  インタビュー
  3.   >  移植と比べて4割以上労力が削減できる!鉄コーティング直播で「生涯現役で米づくり」

移植と比べて4割以上労力が削減できる!鉄コーティング直播で「生涯現役で米づくり」

インタビュー2015/06/08

山口県

鉄コーティング直播栽培

山口県宇部市 三浦要さん・澄子さん

〜移植と比べて4割以上労力が削減できる!鉄コーティング直播で「生涯現役で米づくり」〜

移植と比べて4割以上労力が削減できる!鉄コーティング直播で「生涯現役で米づくり」

中山間地域である山口県宇部市厚東地区で、農地を集積し地域農業の中心的な担い手として活躍する三浦要さん。大好きな農業にいつまでも携わっていたい!と、苗作り・苗運びの重労働が省ける鉄コーティング直播に取り組んでいます。
(この記事は、平成26年6月発行のクボタの営農情報誌『U(ユー)元氣農業 No.29』を元に構成しています)

楽に米づくりをしたい!

「この辺りは兼業農家がほとんど。定年退職した方が主力というぐらい高齢化が進んでいます」と話す三浦さん。ご自身も今年68歳を迎えましたが、周囲の農家の高齢化に伴って受託する農地が年々増加。定年時に7haだった経営面積は、今年18haにまで拡大しました。「生産調整でローテーションを行っている麦が3haありますので、水稲は15ha作付けしています。農作業は基本的には家内と2人です」。また、収穫した米は販路をしっかりと確保して全量を直売。精米や配達は、同居している娘さんが手伝っています。
 「受託は増えますし、歳を重ねるごとに体力は衰えます。もっと楽に米づくりをする方法はないものかと、いつも考えていました。直播もそのひとつでした。ただ、直播にチャレンジする機会にはなかなか恵まれなくて...」。
 想いばかりが募っていた4年前、中国クボタから鉄コーティング直播の試験栽培の話が舞い込み、三浦さんは、この提案に飛びつきました。「最初は30aからのスタートでしたが、心配していた出芽不良や鳥の害はほとんどありませんでした。しかも出来栄えを見て驚きましたね。私は有機栽培に取り組んでいますので、もともと稲は弱々しいところがあったのですが、鉄コーティング直播の稲は株も大きいし根張りも良い。収量も7俵と、移植の6俵を上回りました」と、手応えを感じた三浦さん。「重労働だった苗づくり・苗運びの労力が省け、トータルでみると4割以上、労力が削減できましたね。しかも、収量も確保できるとなれば取り組まない手はないですね」。
 翌年から70aに面積を広げて試験栽培を継続。「これは大丈夫と確信を強めて」、今年は一気に10倍の7.5haに面積を拡大しました。

鉄コーティング種子酸化調製機を導入し管理作業を楽に

 三浦さんが今年、面積をこれだけ一気に増やした理由の一つに、鉄コーティング後の酸化・乾燥を機械化したことが挙げられます。当初はコーティング作業はミキサーで行い、その後、ブルーシートに広げて酸化・乾燥を促進させていました。作業は奥さんの澄子さんの担当です。「結構大変なんですよ。1日に何回か攪拌や水を噴霧しないといけませんからね。つい忘れたこともありました」と話す澄子さん。そこで、翌年は手間を省くため、鉄粉のコーティングだけを生産組合に委託することに。「今度は、思ったより費用がかかって」と、良い手立てはないか思案していたところに、鉄コーティング種子酸化調製機が発売され、迷わず導入しました。「手作業だと酸化・乾燥させるのに約10日はかかりますが、酸化調製機を使えば3日でできますからね。これなら量が増えても安心です」と喜びます。  また、中国クボタの川戸さんは、「鉄コーティングは、農閑期にもコーティング作業できることが大きなメリットですが、外気温が低いと、酸化・乾燥する時間が通常より長くなります。オプションの電熱ヒーターを使えば、温度を上げて作業できるので、冬場でも短時間でつくれますよ」と説明します。ムラなく、きれいな鉄コーティング籾が大量につくれるとあって、コーティング作業を請負うことも、新しいビジネスとして視野に入れているという三浦さん。直播専用の鉄まきちゃんも導入し、一連の作業を機械化することで、「楽な米づくり」を実践しています。

これからも大好きな農業を続けていきたい!

 栽培については、「水管理がしやすい圃場を選ぶこと、圃場を均平にすることがポイントだと思っています。あとはほとんど移植と変わらないですね」と言われます。「鉄コーティング直播のような楽な米づくりをする姿を見て、地域の若い人たちがやってみたいと興味を持ってくれると嬉しい」と三浦さん。鉄コーティング直播は、担い手や後継者の確保・定着につながると期待しています。また、地元の子供たちに農業体験を企画し、地域農業の未来を見据えた活動にも積極的です。「農業が大好きなんですよ。健康でいる限り、大好きな農業に携わっていきたい」と笑う三浦さん。鉄コーティング直播が、その想いを叶える大きな柱になっていることは間違いなさそうです。

LINEで送る
ツイート
Facebookで記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加