クボタの点検整備

クボタのお店の
全力メンテナンス

プロの技術力で、
機械をいつもベストコンディションに。

クボタのお店は、プロのスタッフによる点検整備でお客様の快適な農作業をお手伝いします。定期的に点検・整備を行うことで、シーズン中のトラブルを低減させ、安心して作業が行える以外にも、重大な故障を防ぎ、機械をより長期的に使用できるので経済的です。また、お客様自身でのメンテナンスの手間や時間の節約にもなります。クボタは確かな技術力で、お客様の機械の順調稼働をサポートします。

納品後1年以内の初回点検ートラクタ・コンバイン・田植機ー

1シーズン終了後、または納品後1年以内に初回点検が1回受けられます。
※対象型式は限られます。
お客様の庭先へ伺い、プロの目で点検・診断し、最適なメンテナンスを提案します。

主な点検項目

  • エンジンオイル(量・漏れ)
  • エアクリーナ(詰まり・清掃)
  • バッテリ
  • 燃料パイプ(漏れ)
  • エンジン始動・エンジン停止(作用)
  • その他各機種主要部点検

※交換部品、油脂類、清掃・洗車及び、それに伴う技術料は有料です。

※規定の点検項目以外にかかる技術料・部品代については、別途料金が発生します。

※初回点検は対象となる型式が決められています。詳細はクボタのお店までお問い合わせください。

クボタの点検整備プロによる点検整備で機械を万全の状態に

点検整備の流れ(一例)

  • お問い合わせ・ご予約
  • 点検整備メニューの
    ご説明・入庫
    点検整備メニューをご説明し、
    お見積りのため機械をお引き取りします。
  • お見積りのご提示機械を点検し、整備料金のお見積りを
    ご提示いたします。
  • 点検整備プロの技術力で機械を点検整備します。
  • 結果報告点検整備の結果をご説明いたします。
  • 納品・お支払

定期点検項目

※点検項目は一例です。ご購入先や型式により異なる場合があります。

【トラクタ】プロによる点検項目

1キャビン

【トラクタ】プロによる点検項目

キャビンの点検項目

  • 1エアコンガス
  • 2内外気フィルタ
  • 3エアコンの作動確認

一覧へ戻る閉じる

2油圧・動力装置

【トラクタ】プロによる点検項目

油圧・動力装置の点検項目

  • 1油圧取出口の圧力測定
  • 2油圧昇降装置(作用、ロック機構)
  • 33点リンク、チェックチェーン
    (作用・錆付)
  • 4ヒッチ、ヒッチピン(摩耗)
  • 5PTO軸、オイルシール、パッキン
    (油漏れ)
  • 1.油圧取出口の圧力測定

一覧へ戻る閉じる

3操作部

【トラクタ】プロによる点検項目

操作部の点検項目

  • 1ステアリングホイール(ガタ・遊び)
  • 2パワーステアリングホース
    (劣化・損傷)
  • 3主、副変速レバー各段(作用・保持)
  • 4前輪駆動、倍速レバー(作用・保持)
  • 5PTO変速(作用・保持)
  • 6デフロックペダル(作用・保持)
  • 7アクセルレバー、アクセルペダル
    (作用)
  • 8回転計(作用)

一覧へ戻る閉じる

4エンジン部

【トラクタ】プロによる点検項目

エンジン部の点検項目

  • 1エンジンの始動性、異音
  • 2低速回転及び高速回転の状態
    (回転ムラ等)
  • 3エンジン停止
  • 4排気の状態
  • 5エアクリーナエレメント
    (汚れ・劣化)
  • 6エンジンオイル(量・劣化・漏れ)
  • 7冷却水、オイル、燃料(量・漏れ)
  • 8ファンベルト(たわみ・亀裂・摩耗)
  • 9ラジエータコア・ホース
    (目詰まり・亀裂)
  • 10燃料フィルタ・燃料ホース
    (目詰まり・劣化)
  • 11ウォータポンプ(異音)
  • 12バッテリ
    (比重・液量・ターミナル接続)
  • 13ミッションオイル(量・劣化・漏れ)
  • 14故障診断ツールを使った診断
    (DPFの状態確認等)
  • ファンベルト
    (たわみ・亀裂・摩耗)

一覧へ戻る閉じる

5走行装置

【トラクタ】プロによる点検項目

走行装置の点検項目

  • 1前輪、後輪タイヤ
    (摩耗・損傷・空気圧)
  • 2前輪、後輪
    (取付け・ディスクの緩み)
  • 3主クラッチペダル
    (作用・遊び・踏み込み量)
  • 4ブレーキペダル
    (作用・遊び・左右の差)
  • 5駐車ブレーキ(作用)
  • 6ベベルギヤケース(ガタ)
  • 7前車軸ブラケット(前後のガタ)
  • 8前輪デフ装置、前輪ケース(油漏れ)
  • 9トーイン(寸法)
  • 10トランスミッション、
    後車軸ケース(油漏れ)
  • 11前車軸(前部デフケース、前輪ケース)
    オイル(量・劣化・油漏れ)
  • 12ミッションオイル(量・劣化・漏れ)
  • 13ブレーキオイル(量・劣化・漏れ)
  • 1.前輪、後輪タイヤ
    (摩耗・損傷・空気圧)
  • 4.ブレーキペダル
    (作用・遊び・左右の差)

一覧へ戻る閉じる

6電装部

【トラクタ】プロによる点検項目

電装部の点検項目

  • 1故障診断ツールを使った診断
  • 2メータパネルの点検
    (表示ランプの点灯・回転計の動作)
  • 3メーターパネルによる診断画面の確認
  • 4メインスイッチ(作用)
  • 5ホーン(作用)
  • 6セーフティスイッチ(作用)
  • 7ヘッドランプ(点灯)
  • 8方向指示ランプ(点滅)
  • 9バックランプ(点灯)
  • 10バッテリターミナル部の接続状態
  • 11ワイヤーハーネス(接続・損傷)
  • 12自動制御装置の確認
  • 1.故障診断ツールを使った診断
  • 3.メーターパネルによる診断画面の確認

一覧へ戻る閉じる

7クローラ部

【トラクタ】プロによる点検項目

クローラ部の点検項目

  • 1ゴムクローラ(張り・摩耗・損傷)
  • 2転輪のオイル・グリース(量)
  • 3遊輪のオイル・グリース(量)
  • 4ガイドローラ(摩耗)
  • 5スプロケット(摩耗)
  • 6揺動部(ガタ)
  • 7転輪(ガタ)
  • 1.ゴムクローラ
    (張り・摩耗・損傷)
  • 7.転輪(ガタ)

一覧へ戻る閉じる

8全体の点検項目

【トラクタ】プロによる点検項目

全体の点検項目

  • 1外装関係ボルト(欠品・緩み)
  • 2注意、警告ラベル(汚損・はがれ)
  • 3バックミラー(破損・汚れ)
  • 4反射器(破損・汚れ)

一覧へ戻る閉じる

【コンバイン】プロによる点検項目

1キャビン

【コンバイン】プロによる点検項目

キャビンの点検項目

  • 1エアコンガス
  • 2内外気フィルタ
  • 3エアコンの作動確認
  • 2.内外気フィルタ

一覧へ戻る閉じる

2エンジン部

【コンバイン】プロによる点検項目

エンジン部の点検項目

  • 1エンジンの始動性、異音
  • 2低速回転及び高速回転の状態
    (回転ムラ等)
  • 3エンジン停止
  • 4排気の状態
  • 5エアークリーナエレメント
    (汚れ・劣化)
  • 6エンジンオイル(量・劣化・漏れ)
  • 7オイルフィルタの詰まり
  • 8冷却水、オイル、燃料(量と漏れ)
  • 9ファンベルト(たわみ・亀裂・摩耗)
  • 10ラジエータコア・ホース
    (目詰まり・亀裂)
  • 11燃料フィルタ・燃料ホース
    (目詰まり・劣化)
  • 12故障診断ツールを使った診断
    (DPFの状態確認等)
  • 13バッテリ
    (比重・液量・ターミナル接続)
  • 5.エアークリーナエレメント
    (汚れ・劣化)
  • 6.エンジンオイル
    (量・劣化・漏れ)
  • 7.オイルフィルタの詰まり
  • 8.冷却水、オイル、燃料
    (量と漏れ)
  • 9.ファンベルト
    (たわみ・亀裂・摩耗)
  • 10.ラジエータコア・ホース
    (目詰まり・亀裂)
  • 11.燃料フィルタ・燃料ホース
    (目詰まり・劣化)
  • 13.バッテリ
    (比重・液量・ターミナル接続)

一覧へ戻る閉じる

3走行操作部

【コンバイン】プロによる点検項目

走行操作部の点検項目

  • 1各変速レバー(作用・保持)
  • 2駐車ブレーキ(作用)
  • 3脱こくクラッチワイヤ( 作用・損傷)
  • 4タンククラッチワイヤ・ロッド
    (作用・損傷)
  • 5ブレーキターン・ソフトターン・スピンターン
    (作用)
  • 6油圧ホース(漏れ・劣化)
  • 7クローラ・クローラガイド
    (たわみ・損傷・摩耗)
  • 8駆動スプロケット・転輪ベアリング
    (摩耗・損傷)
  • 9走行駆動ベルト(たわみ・亀裂)
  • 10ミッションオイル(量・劣化・漏れ)
  • 11油圧・HSTオイル(量・劣化・漏れ)
  • 12油圧オイルフィルタ
  • 13ミッションオイル(量・劣化・漏れ)
  • 14HSTオイルフィルタ
  • 2.駐車ブレーキ
    (作用)
  • 7.クローラ・クローラガイド
    (たわみ・損傷・摩耗)
  • 8.駆動スプロケット・転輪ベアリング
    (摩耗・損傷)
  • 9.走行駆動ベルト
    (たわみ・亀裂)

一覧へ戻る閉じる

4刈取部

【コンバイン】プロによる点検項目

刈取部の点検項目

  • 1刈刃・受刃(隙間・摩耗・破損)
  • 2株元搬送チェーン・爪
    (ゆるみ・摩耗)
  • 3引起こしチェーン・爪
    (ゆるみ・損傷・摩耗)
  • 4補助搬送ベルト(突起付きベルト)
    (たわみ・損傷)
  • 5穂先搬送チェーン・爪
    (ゆるみ・摩耗・損傷)
  • 6刈取駆動ベルト(たわみ・亀裂)
  • 7深さチェーン・供給チェーン
    (ゆるみ・摩耗)
  • 8駆動ケース(亀裂・漏れ)
  • 9刈刃クランクピン・ローラ(摩耗)
  • 10刈刃クランクアーム(摩耗)
  • 11分草桿・デバイダ
    (変形・亀裂・揃い)
  • 12パッカ(段差・変形・摩耗)
  • 13各テンションスプロケット・プーリ
    (作用・摩耗)
  • 14ギヤケース類オイル
    (量・劣化・漏れ)
  • 15集中注油(量・作用)
  • 16オートクラッチ(作用)
  • 1.刈刃・受刃(隙間・摩耗・破損)
  • 2.株元搬送チェーン・爪
    (ゆるみ・摩耗)
  • 3.引起こしチェーン・爪
    (ゆるみ・損傷・摩耗)
  • 4.補助搬送ベルト(突起付きベルト)
    (たわみ・損傷)
  • 5.穂先搬送チェーン・爪
    (ゆるみ・摩耗・損傷)
  • 7.深さチェーン・供給チェーン
    (ゆるみ・摩耗)
  • 15.集中注油
    (量・作用)

一覧へ戻る閉じる

5電装部

【コンバイン】プロによる点検項目

電装部の点検項目

  • 1故障診断ツールによる点検
  • 2メインスイッチ(作用)
  • 3パネルランプ(点灯)
  • 4ヘッドランプ・ウインカランプ・作業灯
    (点灯・点滅)
  • 5セーフティスイッチ(作用)
  • 6ホーン・バックブザー(吹鳴)
  • 7電気制御(手動・自動の確認)
  • 1.故障診断ツールによる点検

一覧へ戻る閉じる

6脱こく部

【コンバイン】プロによる点検項目

脱こく部の点検項目

  • 1フィードチェーン(ゆるみ・摩耗)
  • 2レール台(作用・変形・摩耗)
  • 3こぎ胴・こぎ歯(変形・摩耗)
  • 4受網・弓金(変形・摩耗・破れ)
  • 5わら切り刃(摩耗・破損)
  • 61番・2番横スクリュ部(変形・摩耗)
  • 7縦スクリュ・羽根(変形・摩耗)
  • 82番縦スクリュ・ツースバー
    (変形・摩耗)
  • 92番スロワー羽根・トウミ羽根
    (変形・摩耗)
  • 10シーブケースハンプ(損傷)
  • 11ストローラック(変形・損傷)
  • 12揺動軸受(摩耗)
  • 131番・2番流し板(損傷)
  • 14チャフワイヤ(作動・亀裂)
  • 15排塵ファン・分離ドラム
    (変形・摩耗)
  • 161番・2番ライナー鋼板(摩耗)
  • 17グレンタンクスクリュ(摩耗)
  • 18タンク・アンローダ(作用・損傷)
  • 19各掃除口(締まり)
  • 20各テンション(作用・変形・摩耗)
  • 21各駆動ベルト(たわみ・亀裂)
  • 22各ギヤケース類オイル
    (量・劣化・漏れ)
  • 1.フィードチェーン
    (ゆるみ・摩耗)
  • 3.こぎ胴・こぎ歯
    (変形・摩耗)
  • 4.受網・弓金
    (変形・摩耗・破れ)
  • 5.わら切り刃
    (摩耗・破損)
  • 8.2番縦スクリュ・ツースバー
    (変形・摩耗)
  • 21.各駆動ベルト
    (たわみ・亀裂)

一覧へ戻る閉じる

7排わら部

【コンバイン】プロによる点検項目

排わら部の点検項目

  • 1切断刃・掻込みロータ
    (変形・摩耗・隙間)
  • 2テンションアーム(変形・膠着)
  • 3カッタ切換え装置(作用・保持)
  • 4カッタ軸・供給軸ベアリング(摩耗)
  • 5カッタ駆動ベルト(たわみ・亀裂)
  • 6チェーン・ギヤ(摩耗)
  • 7排わら株元チェーン・ガイド(摩耗)
  • 8排わら穂先チェーン・爪
    (ゆるみ・変形・摩耗)
  • 9スプロケット(摩耗)
  • 10株元搬送レール(作用・摩耗)
  • 11結束機・寄せ装置(作用)
  • 1.切断刃・掻込みロータ
    (変形・摩耗・隙間)
  • 6.チェーン・ギヤ
    (摩耗)

一覧へ戻る閉じる

8全体の点検項目

【コンバイン】プロによる点検項目

全体の点検項目

  • 1各チェーン類(注油)
  • 2グリース(補給)
  • 3各部ボルト(欠品・緩み)
  • 4注意・警告ラベル(汚損・はがれ)
  • 5後部反射器(破損)
  • 6バックミラー(破損)

一覧へ戻る閉じる

【田植機】プロによる点検項目

1植付部

【田植機】プロによる点検項目

植付部の点検項目

  • 1植付爪(摩耗・変形・取り量)
  • 2押出し金具(摩耗・変形)
  • 3センターフロート・サイドフロート
    (亀裂・作用)
  • 4株間調節レバー(作用)
  • 5横送り切替えレバー(作用)
  • 6苗取り量調節レバー(作用・保持)
  • 7植付深さ調節レバー(作用・保持)
  • 8苗のせ台(亀裂・変形)
  • 9苗取出し口ガイド(摩耗・変形)
  • 10苗のせ台受け・シュー(摩耗)
  • 11しゅう動板・しゅう動板ガード
    (摩耗・変形)
  • 12延長苗のせ台・苗ステー
    (曲がり・割れ)
  • 13植付ケース・アーム・ロータリケース
    (油漏れ・破損・摩耗)
  • 14油圧昇降ロック(作用・保持)
  • 15あぜぎわスイッチ(作用)
  • 16縦送りベルト(作用・切損・伸び)
  • 17苗ガイド(作用・保持)
  • 1.植付爪
    (摩耗・変形・取り量)
  • 2.押出し金具
    (摩耗・変形)
  • 11.しゅう動板・しゅう動板ガード
    (摩耗・変形)

一覧へ戻る閉じる

2施肥装置部

【田植機】プロによる点検項目

施肥装置部の点検項目

  • 1ブラシ・ロール(摩耗・膠着)
  • 2ホッパ本体(変形・割れ)
  • 3繰出し量調節部(作用・割れ・回動)
  • 4ブーツ・ジャバラ・ホース・作溝器
  • 5ブロワ・ダクト(作用・エア漏れ)
  • 6連結ロッド(曲がり・摩耗・割れ)
  • 7施肥全条停止スイッチ・残肥排出レバー
    (作用・保持)
  • 8各ロックレバー(作用・保持)
  • 9スライドホッパ(作用・保持)
  • 10駆動部(点検・交換)
  • 11ホース(点検・交換)
  • 4.ブーツ・ジャバラ・ホース・作溝器

一覧へ戻る閉じる

3直播部

【田植機】プロによる点検項目

直播部の点検項目

  • 1ホッパ本体(変形・割れ)
  • 2ブラシ・ロール(摩耗・膠着・変形)
  • 3ロールケースカバー(変形・割れ)
  • 4全条同時調整レバー(作用)
  • 5ロール開度調節(作用)
  • 6フロート(亀裂・変形)
  • 7フロート支え金具(作用・保持)
  • 8油圧昇降ロック(作用・保持)
  • 2.ブラシ・ロール
    (摩耗・膠着・変形)

一覧へ戻る閉じる

4ランプ・ブザー

【田植機】プロによる点検項目

ランプ・ブザーの点検項目

  • 1ヘッドランプ・ウインカランプ
    (点灯・点滅)
  • 2肥料切れ・苗切れ・肥料詰まり
    (点滅)
  • 3あぜぎわ(点滅)
  • 4植付クラッチ(点灯)
  • 5マーカ(点灯)
  • 6Eシフト(点灯)
  • 7充電・オイル・エンジン
    (点灯・点滅)
  • 8メインスイッチ(作用)
  • 9自動植付(点灯)
  • 10後進ブザー(吹鳴)

一覧へ戻る閉じる

5エンジン部

【田植機】プロによる点検項目

エンジン部の点検項目

  • 1エンジンオイル(量・劣化・漏れ)
  • 2エアクリーナ(目詰まり・汚れ)
  • 3燃料タンク・ホース
    (変形・劣化・漏れ)
  • 4燃料タンクこし網(詰り)
  • 5燃料パイプ(ゆるみ)
  • 6バッテリ
    (比重・液量・ターミナル接続)
  • 7アクセルレバー(作用)
  • 8始動性・加速性・回転ムラ(作用)
  • 9マフラー(亀裂)
  • 10エンジン停止(作用)
  • 11スパークプラグ(摩耗・汚れ・隙間)
  • 12ラジエータコア・ホース
    (目詰まり・亀裂)
  • 13冷却水(量・漏れ)
  • 14ファンベルト(たわみ・亀裂・摩耗)
  • 15オイルフィルタ(定期交換)
  • 1.エンジンオイル
    (量・劣化・漏れ)
  • 2.エアクリーナ
    (目詰まり・汚れ)
  • 3.燃料タンク・ホース
    (変形・劣化・漏れ)
  • 4.燃料タンクこし網
    (詰り)
  • 5.燃料パイプ(ゆるみ)
  • 6.バッテリ
    (比重・液量・ターミナル接続)
  • 11.スパークプラグ
    (摩耗・汚れ・隙間)
  • 12.ラジエータコア・ホース
    (目詰まり・亀裂)
  • 13.冷却水
    (量・漏れ)
  • 15.オイルフィルタ
    (定期交換)

一覧へ戻る閉じる

6電装部

【田植機】プロによる点検項目

電装部の点検項目

  • 1メインスイッチ(作用)
  • 2eストップ(作用)
  • 3植付クラッチ(作用・保持)
  • 4あぜぎわクラッチ自動復帰(作用)
  • 5ポンパ・バックアップ(作用・保持)
  • 6モンロー・オートフロート
    (作用・保持)
  • 7フィットセンサ(作用・保持)
  • 8自動植付(作用・点灯)

一覧へ戻る閉じる

7走行操作部

【田植機】プロによる点検項目

走行操作部の点検項目

  • 1各変速レバー(作用・保持)
  • 2車速切替レバー(作用・保持)
  • 3ブレーキペダル・ロック
    (作用・遊び・左右の差)
  • 4ステアリングホイール・ポストブッシュ
    (遊び・切れ・ガタ)
  • 5パワーステアリングオイル
    (量・劣化)
  • 6油圧ホース(劣化・漏れ)
  • 7ミッションオイル(量・劣化)
  • 8ミッションオイルフィルタ
    (定期交換)
  • 9後輪軸ケースオイル
    (量・劣化・漏れ)
  • 10車輪ピン(頭付きピン)
    (曲がり・折れ)
  • 11トーイン(差)
  • 12タイロットエンド(摩耗・損傷)
  • 13前輪・後輪タイヤ
    (亀裂・摩耗・空気圧)
  • 14ホイールカバー(変形)
  • 15ミッション駆動ベルト
    (たわみ・亀裂・摩耗)
  • 16前輪デフロックペダル(作用・保持)
  • 17マスコット(曲がり・破損)
  • 18予備苗のせ台・マーカ
    (亀裂・破損・曲がり)
  • 19ミッション駆動ベルトテンションプーリー
  • 3.ブレーキペダル・ロック
    (作用・遊び・左右の差)
  • 7.ミッションオイル
    (量・劣化)
  • 8.ミッションオイルフィルタ
    (定期交換)
  • 9.後輪軸ケースオイル
    (量・劣化・漏れ)
  • 13.前輪・後輪タイヤ
    (亀裂・摩耗・空気圧)

一覧へ戻る閉じる

8全体の点検項目

【田植機】プロによる点検項目

全体の点検項目

  • 1注意・警告ラベル(汚損・はがれ)
  • 2グリス(補給)
  • 3各部ボルト(欠品・ゆるみ)

一覧へ戻る閉じる

9“箱まきちゃん”の点検項目

【田植機】プロによる点検項目

“箱まきちゃん”の点検項目

  • 1ホッパ本体(変形・割れ)
  • 2ブラシ・ロール(摩耗・膠着・変形)
  • 3繰出しケース(変形・割れ)
  • 4[入/切]スイッチ(作用)
  • 5[右][左]ボタン(作用)
  • 6レール(チェーン)(摩耗・張り)
  • 7調量ツマミ(作用)
  • 2.ブラシ・ロール
    (摩耗・膠着・変形)

一覧へ戻る閉じる

10“こまきちゃん”の点検項目

【田植機】プロによる点検項目

“こまきちゃん”の点検項目

  • 1ホッパ本体(変形・割れ)
  • 2目皿(目詰まり・膠着)
  • 3作動スイッチ(作用)
  • 4近接センサ(作用・保持)

一覧へ戻る閉じる

お客さまの声

  • 収益確保のために、
    点検整備は必須。

    収益を上げるために、機械を万全の状態で順調稼働させ、作業時間をできるだけ短縮させたい。そのために点検整備には欠かさず出しています。点検整備で防ぎたいことは、作業中のトラブルです。作業が遅れると人手確保、人件費の追加出費などリスクが大きい。それを考えると点検整備の出費は相応と考えます。

  • 整備はプロに
    まかせないとダメ。

    例えばコンバインの内部のベルト等は我々では点検できません。やはりプロの整備スタッフに見てもらわないとだめですね。特に刈取作業は予定通りいってもらわないと、後工程の乾燥機の予定まで狂ってきます。ですからシーズン中の順調稼働のため点検整備は絶対です。

  • 点検整備で機械が長持ち。

    7~8年使用していますが、経過年数の割に機械は良い状態で使えています。毎年、点検整備をしているおかげで順調に作業ができています。点検整備で長持ちしています。

  • 大きな故障になる前に
    点検整備を。

    点検整備をしておけば大きな故障にいたらない。多額な修理費も時間ロスも最小限ですみます。整備不良のままで使っていて、危うく怪我をしそうになったことがありました。点検整備は安全作業にもつながると思います。

  • 点検整備で安心を買う。

    シーズンが終わったら毎年点検整備に出しています。翌シーズン、トラブルがないよう安心のためです。点検整備の経費はかかりますが、順調に作業ができるので毎年出します。おかげさまで今までシーズン中に故障はありませんでした。

  • 機械を止めたくないから。

    組合で話し合い、10年くらい前から毎年点検整備に出しています。点検整備をしたことで刈取り作業をしていても安心感が全然違う。刈り遅れが出ると請け負っているところにも迷惑をかけるので機械は止めたくない。

ページトップへ戻る